ランボルギーニ ウラカンEVO STO スーパートロフェオの公道仕様!?

2020年3月8日Lamborghiniの新車情報スポーツカー, スーパーカー

Lamborghini Huracan EVO STO spyshot rear

ランボルギーニウラカンEVO STOというモデルを開発しているようです。
STOは「Super Trofeo Omologato(スーパートロフェオ公認車)」の略なのだとか。
ワンメイク・レースカーの公道仕様といえるモデルになりそうです。

このページではウラカンEVO STOの最新情報を随時更新していきます。


ウラカンEVO STOの最新情報

Lamborghini Huracan EVO STO spyshot rear
ウラカンEVO STOのスパイショット。レーシングカーのようなリア周りだ。
画像の出典: ixexotics via instagram

STOモデルはワンメイク・レーシングカーの「スーパートロフェオ」をイメージした、非常にアグレッシブなエアロを装着しています。
ウラカンEVOの外観とはまるで別物です。

Lamborghini Huracan EVO STO spyshot side
ルーフ上にはエアインテークが追加されている。
画像の出典: ixexotics via instagram

車体も軽量化され、STOの車重はウラカンEVO比で150kgも軽くなります。
ウラカンEVOの乾燥車重は1,422kg、ウラカンEVO RWDは1,389kgなので、STOが1,200kg台に収まるのは確実です。

エンジンはウラカンEVOと同じく5.2リッター・V型10気筒ガソリン自然吸気を搭載します。
スペックは最高出力が640ps、最大トルク600Nmで、こちらもウラカンEVOと同様です。
駆動方式はRWDになる可能性が高いでしょう。

ウラカンEVO STOは限定生産となります。
生産台数は700台程度になる予定です。
発表は2020年8月開催のモントレー・カー・ウィークが有力視されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath