Alfaholics GTA-R 300 フルカーボンボディのジュリア・スプリントGTA

2020年3月15日チューニングRestomod

Alfaholics GTA-R 300

Alfaholicsというイギリスのアルファロメオ・スペシャリストが、フルカーボンファイバーボディのアルファロメオ ジュリア・スプリントGTAを開発しています。
カーボンモノコックのポルシェ911(タイプ993)など、旧車の車体をカーボンに置き換えるRestomod(レストア+モディファイ)が流行っているようです。

Alfaholics GTA-R 300」と名付けられたこの車は、車重800kgになるというから驚きですね。
今回はプロジェクトの概要をご覧ください。


Alfaholics GTA-R 300の概要

Alfaholics GTA-R 300
Alfaholics GTA-R 300

GTA-R 300は、ボディワークが全てカーボンファイバー製となります。
同社にはスチールボディのGTA-Rもラインナップされているようですが、それと比較するとGTA-R 300は70kgも軽いそうです。
GTA-R 300の車重は800kgで、パワーウエイトレシオは車名の通り1トン当たり300psとなります。

Alfaholics GTA-R 300 nose
バンパーやボンネットも全てカーボンだ。

Alfaholics GTA-R 300 rear three quarter
ボディは非常に美しい仕上がり。

Alfaholics GTA-R 300 side
オーバーフェンダーとサイドステップはカーボン製ではないようだ。

Alfaholics GTA-R 300 cabin
フロアとロールケージは金属製。

GTA-R 300の軽量化に貢献しているのは、カーボンボディだけではありません。
同社が開発したチタン製サスペンションも、以前のものよりさらに軽くなり、形状も最適化されています。

エンジンは2.3リッターに排気量を拡大された4気筒のツインスパークで、パワーは240ps / 7,000rpmです。

価格は未公表ですが、GTA-R 290という旧モデルが240,000ポンド(約3,178万円)だったそうですから、GTA-R 300はさらに高価なモデルとなるに違いありません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath