ランボルギーニ ウラカンSTO 公道を走れるスーパートロフェオ!

Lamborghiniの新車情報スポーツカー, スーパーカー

Lamborghini Huracan STO

ランボルギーニが「ウラカンSTO」を発表しました。
STOは「Super Trofeo Omologata」の略です。ワンメイクレースのスーパートロフェオ車両を公道で乗れるようにしたというコンセプトですね。

今回はウラカンSTOの概要をご覧ください。


エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lamborghini Huracan STO
ランボルギーニ ウラカンSTO

Lamborghini Huracan STO Front
バンパー、フェンダー、ボンネットは1ピース構造。

Lamborghini Huracan STO Front three quarter
ボンネット上のエアダクトはダウンフォースの生成にも貢献する。リアフェンダーのNACAダクトは静圧損失を30%削減。

Lamborghini Huracan STO Top
フロントフェンダー上のルーバーは、ホイールハウス内の空気を引き抜いてダウンフォースを発生させる。

Lamborghini Huracan STO Rear three quarter
リアウイングは調整式。

Lamborghini Huracan STO Rear
リアフェンダーの後端はスカスカで、リアタイヤが丸見え。ディフューザーは2段式のようだ。

フロントボンネット、フロントフェンダー、フロントバンパーは、1つのコンポーネントで構成されています。
そのため軽量で、メンテナンスの際のアクセス性も良いため、モータースポーツの現場で時間節約が可能です。

数々の空力的改良が施されたことで、全体的なエアフローの効率は37%も向上し、ダウンフォース量はウラカン・ペルフォルマンテに対して53%も増加しています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lamborghini Huracan STO Interior
ウラカンSTOのインテリア

Lamborghini Huracan STO ANIMA
ドライブモードセレクターのANIMAは、3つのモードから選択できる。

Lamborghini Huracan STO Console
センターコンソールのやや低い位置に縦型のタッチスクリーンが設置されている。

Lamborghini Huracan STO Seats
レーシーなバケットシート。シートベルトは標準で4点式のようだ。

Lamborghini Huracan STO Seat
6点式シートベルトに対応する穴が最初から開いている。

ウラカンSTOのドライブモードセレクター「ANIMA」に用意されたモードは、「STO」「トロフェオ」「ピオッジャ(雨)」の3つです。
「STO」はあらゆる道路状況で運転を楽しめる設定、「トロフェオ」はドライのサーキットに合わせた設定、そして「ピオッジャ」はウェット路面に対応シた設定となっています。

目次に戻る

シャシー

Lamborghini Huracan STO

外装パネルの75%はカーボンファイバーで製作されており、乾燥車重は1,339kgしかありません。
ウラカン・ペルフォルマンテと比較して43kgも軽くなっています。

フロントガラスもペルフォルマンテ比で20%軽量化。
20インチホイールはマグネシウム製です。
タイヤはブリヂストン・ポテンザで、フロント245/30 R20、リアは305/30 R20です。
ブレーキはブレンボのCCM-Rカーボンセラミックブレーキで、フロントは390φのディスクに6ピストンキャリパーの組み合わせ、リアは360φのディスクに4ピストンキャリパーの組み合わせとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

Lamborghini Huracan STO

エンジンは5.2リッター・V型10気筒ガソリン自然吸気です。
最高出力は470kW(640ps)、最大トルクは565Nmとなっています。

パフォーマンスは、0-100km/hが3.0秒、0-200km/hが9.0秒、最高速は310km/hです。
ランボルギーニにしては最高速が控えめですが、これはダウンフォース量が多く、空気抵抗が大きいためでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

日本価格は3,750万円です。
デリバリーは2021年春から開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath