アストンマーティン ヴァルハラ フラットプレーンV8搭載のPHEVスーパーカー

Aston Martinの新車情報PHEV, スーパーカー

Aston Martin Valhalla

アストンマーティンがスーパーカー「ヴァルハラ」を発表しました。
プラグインハイブリッドですが、乾燥重量は1,550kg未満に抑えられています。
アストンマーティンによると、ヴァルハラはニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを6分30秒で周回できるそうです。

今回はヴァルハラの概要をご覧ください。

Related Posts

アストンマーティン ヴァルハラの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Aston Martin Valhalla Front three quarter
アストンマーティン ヴァルハラ

Aston Martin Valhalla Front
開口部はアストンではおなじみの形状。ボンネット上にはダクトなどが無くシンプルだ。

Aston Martin Valhalla Headlight
ヘッドライト内部のユニットはユニークな形状。

Aston Martin Valhalla Side
典型的なミッドシップスポーツのフォルム。ルーフラインが長いのが特徴か。

Aston Martin Valhalla Wheel
ホイールは三叉スポーク。

Aston Martin Valhalla Front fender
フロントフェンダーはキャラクターライン部分に切れ込みが入る特異な形状。

Aston Martin Valhalla Rear three quarter
エンジンフード周りにはびっしりとルーバーが設置されている。

Aston Martin Valhalla Rear spoiler
アクティブエアロが搭載されているヴァルハラだが、リアスポイラーは固定式のようだ。

Aston Martin Valhalla Taillight
テールライトは多数のLEDが突き出ている

Aston Martin Valhalla Rear
マフラーはエンジンフードから突き出た上方排気。ディフューザーのえぐれがすごい。

ヴァルハラはアクティブエアロシステムを搭載しており、150mph(約241.4km/h)走行時に600kgもの強烈なダウンフォースを発生できます。

目次に戻る

シャシー

シャシーはカーボンファイバーで構成されています。
これにより高剛性で軽量なシャシーを実現しました。
乾燥重量は1,550kg未満だそうです。

フロントはダブルウィッシュボーンで、レーシングカーのようにダンパーとスプリングがインボードマウントされています。
リアはマルチリンク式で、マルチマチック製のバリアブルレートスプリングとアダプティブスポーツバルブダンパーの組み合わせです。

パワーステアリングは電動式。
ブレーキはカーボンセラミックブレーキで、F1と同様にバイワイヤです。
ホイールはフロント20インチ、リア21インチ。
タイヤは特注のミシュラン パイロットスポーツカップ2です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
フラットプレーンクランクを採用したV8であるため、7,200rpmのレブリミットを持つ高回転型エンジンとなっています。
エンジンの最高出力は750psです。エンジンが生み出した動力は全て後輪に伝達されます。

電気モーターは前後のアクスルにそれぞれ1つずつ搭載。
エンジンとモーターを合わせたシステムの総出力・総トルクは、950ps・1000Nmです。

トランスミッションは8速DCT。電子制御リミテッドスリップデフも装備されています。
0-100km/hは2.5秒、最高速は350km/hです。

バッテリー容量はまだ公表されていませんが、EV航続距離が14.5km(9マイル)とのことなので、それほど大きな容量ではないと思われます。

目次に戻る

価格・発売日

英国価格は580,000ポンドです。
日本円に単純換算すると、およそ8817万円となります。

アストンマーティン ヴァルハラは、2023年に生産が開始されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath