VW ID.6のスパイショット EV版パサート

VWの新車情報EV, セダン

VW ID.6 Spyshot

フォルクスワーゲン(VW)が、「ID.6」を開発しています。
パサートEV版とも言えるモデルです。

今回はID.6のスパイショットと最新情報をご覧ください。

Related Posts

VW ID.6の最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

VW ID.6 Spyshot Front
ID.6の開発車両

VW ID.6 Spyshot Front three quarter
開発車両の顔つきは、これまでのIDシリーズと異なっているが、カモフラージュかもしれない。

VW ID.6 Spyshot Side
フロントオーバーハングが短く、全長に占めるキャビンの割合が大きい。

VW ID.6 Spyshot Rear three quarter
リアオーバーハングも短いが、リフトバックというわけではなさそうだ。

VW ID.6 Spyshot Rear
トランクリッド部分のテールランプはデカールっぽい。

目次に戻る

パワートレイン

プラットフォームはID.3などと同じMEBです。
ですがID.6では、ID.3などよりも大型のバッテリーが搭載されると言われています。

以前発表されたEVセダンのコンセプトカー「ID.Vizzion」は、111kWという大容量バッテリーを搭載し、航続距離は665kmとなる想定がなされていました。
ID.6はそれを上回る700kmになると予想されています。

最高出力等に関する情報はまだありませんが、ID.Vizzionはフロントに75kWのモーター、リアに150kWのモーターを搭載したAWD(全輪駆動)で、システムの合計出力は225kW(306ps)という設定でした。
そのID.Vizzionのステーションワゴン仕様「ID.SpaceVizzion」は、最高出力205kW(279ps)でした。
大容量バッテリーを搭載することによる車重の増加を考慮すると、ID.6も200kW(272ps)以上の最高出力になる可能性が高いでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

ID.6は2年後、つまり2023年に登場する予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath