ランボルギーニが25000時間かけてカウンタックLP500を完全再現!

Lamborghiniの新車情報スポーツカー, スーパーカー

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction

ランボルギーニは先日カウンタック LPI800-4を発表しましたが、今度は1971年に公開されたプロトタイプである「カウンタック LP500」を復元しました。
LP500は1974年のクラッシュテストで破壊されてしまい、現存していなかったのですが、ランボルギーニのクラシックカー部門であるPolo Storicoがデータを収集し、復元したのです。

Lamborghini Countach LP500 1971 Front
カウンタック LP500(1971年)

今回は復元されたオリジナル・カウンタックの概要をご覧ください。

Related Posts

復元されたカウンタック LP500の概要

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction Front
復元されたカウンタック LP500

復元にあたり、まず行われたのがデータの収集です。
画像や設計図の他に、LP500の市販バージョンであるLP400(しかも最初に生産された1台)の3Dスキャンを行い、LP500のデザインを再現するために2000時間以上も費やしています。
また、当時プロジェクトに関わった人々からの情報収集も行われました。

Lamborghini Countach LP500 1971 Top
オリジナルとなるLP500は、1974年のクラッシュテストで失われてしまった。

プラットフォームは市販バージョンとは全く異なるものが構築され、ボディワークは手作りで再現されています。
パーツはオリジナルのスペアパーツか、もしくは復元されたコンポーネントを使用しているそうです。

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction Top Front
LP400のスキャンを元に、LP500のボディラインを再現している。

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction Side
このくさび形のボディに当時の少年たちは憧れた。

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction Top Rear
カウンタックはシンプルなデザインなのに、強烈な個性を放っている。

Lamborghini Countach LP500 Reconstruction Rear
クアッドエキゾーストだがマフラー径は細い。

タイヤはピレリが当時の資料を元に、当時履いていたCinturato CN12タイヤのトレッドパターンまでも忠実に再現。ただし内部構造とコンパウンドはモダンなものです。サイズはフロント245/60 R14、リア265/60 R14となっています。

ボディカラーは塗料メーカーPPGのアーカイブから再構成。Giallo FlySpecialeの鮮やかな黄色が現代に蘇りました。

このプロジェクトは「ある顧客」からの依頼で2017年に開始され、復元作業に合計25,000時間を費やしたそうです。
そのコストは明らかになっていませんが、最新のカウンタック LPI800-4よりも高価なのは確実でしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath