ランボルギーニ ウラカン・ステラートのティザー画像

2022年1月20日Lamborghiniの新車情報オフローダー, スーパーカー

Lamborghini Huracan Sterrato Teaser Drift

ランボルギーニ ウラカンのオフロード仕様が開発されています。
2019年に発表された「ウラカン・ステラート コンセプト」の市販バージョンと目されるモデルです。
Sterratoとは、イタリア語で未舗装路を意味します。

Lamborghini Huracan Sterrato Concept Front top
ウラカン・ステラート コンセプト

Lamborghini Huracan Sterrato Concept Rear
ウラカン・ステラート コンセプト

今回はウラカン・ステラートの最新情報をご覧ください。

更新情報

ティザー画像を追加しました。(2022/07/27)

Related Posts

ウラカン・ステラートの最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Lamborghini Huracan Sterrato Spyshot Front
ウラカン・ステラートのプロトタイプ

Lamborghini Huracan Sterrato Spyshot Front three quarter
フロントにはアンダーガードが装着されている。LEDライトバーはテストのために装着したものだろう。

Lamborghini Huracan Sterrato Spyshot Side
車高はかなり引き上げられている。ブレーキキャリパーの色が前後で違うのはテストならでは。

Lamborghini Huracan Sterrato Spyshot Rear three quarter
コンセプトと異なり、ホイールアーチモールはまだ装着されていない。一方、ルーフレールは装着済み。

Lamborghini Huracan Sterrato Spyshot Rear
ルーフ上にインテークが追加されている。

ティザー画像

Lamborghini Huracan Sterrato Teaser Drift
ウラカン・ステラートのティザー画像

Lamborghini Huracan Sterrato Teaser Front
コンセプトからややトーンダウンしたが、オフローダー的意匠は一通り揃っている。

Lamborghini Huracan Sterrato Teaser Rear
ディフューザーではなくアンダーガードが装着されている。

コンセプトでは全幅が拡大されていましたが、市販バージョンではホイールアーチモールが追加されただけになっています。
また、バンパーもウラカンEVOのものが流用されているようです。
一方、ルーフにはコンセプトになかったエアインテークが装着され、エンジンフードと統合されています。

目次に戻る

シャシー

コンセプトカーの最低地上高は470mmという高さでしたが、市販バージョンではもう少し現実的な数値になると思います。

目次に戻る

パワートレイン

V10エンジンが搭載されることは確実ですが、正確なスペックは不明です。
ベースとなっているウラカンEVOは、610psを発生していますが、オフローダーなので低速トルク重視のセッティングに変更されるかもしれません。

目次に戻る

価格・発売日

Lamborghini Huracan Sterrato Concept Drift

価格に関する情報はまだありません。
ただ、もしウラカン・ステラートがカウンタック LP800-4のように台数限定で販売されるとすれば、かなりの高額となるのは避けられないでしょう。

ランボルギーニは2022年に4つのニューモデルを発表するとしているので、そのうちの一つがウラカン・ステラートになると思われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath