ダッジ チャージャー デイトナSRTコンセプト 排気音がするEV!?

他メーカーの新車情報EV, コンセプトカー

Dodge Charger Daytona SRT Concept

ダッジチャージャー デイトナSRTコンセプトを発表しました。あのヘルキャットを凌駕するというEVパワートレインを搭載した電気自動車のコンセプトカーです。

今回はEVとなったチャージャーの概要をご覧ください。

Related Posts

チャージャー デイトナSRTコンセプトの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Dodge Charger Daytona SRT Concept
ダッジ チャージャー デイトナSRTコンセプト

Dodge Charger Daytona SRT Concept Front
レトロでクリーンなデザイン。グリルにはイルミネーションも仕込まれている。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Nose
60~70年代に使われていたノーズ部分のRウイングをオマージュ。ダウンフォースを増加させるという。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Side
シャープで塊感のあるデザイン。シンプルで余計な装飾がなく、かっこいい。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Mirror
サイドミラーにはカーボンがあしらわれている。空力にも配慮された形状だ。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Wheel
手の込んだデザインのホイール。巨大なブレンボブレーキを装備している。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Top
上から見てもかっこいい

Dodge Charger Daytona SRT Concept Rear corner
こういうフェンダー形状にするとアメ車っぽさが出てくるのだろうか

Dodge Charger Daytona SRT Concept Side
テールライトのデザインもシンプル。リアバンパーの両サイドには、リアホイールハウスからの空気を引き抜くためのダクトが設けられている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Interior
チャージャー デイトナSRTコンセプトのインテリア

Dodge Charger Daytona SRT Concept Cockpit
内装はコンセプトカーならではといった感じで、ちょっと装飾過剰に見える。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Dashboard
メーターとタッチスクリーンは別体式。コンセプトカーだからか、カップホルダーなどが無いのが残念。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Launch control
ローンチコントロールは戦闘機のコクピットのようだ。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Console
コンソールにはエアコンの温度調整などを行うタッチパネルが設置されている。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Door inner trim
スピーカーの上の部分に文字らしきものが光っているが、パワーウィンドウ等もタッチパネル操作なのだろうか。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Front seat
スポーティーな形状のシートはカーボン製。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Rear seat
リアシートもフロントシートと同様のバケットシートを装着している。なので4人乗りだ。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Rear seat fold
リアシートを倒すとこんな感じ。

Dodge Charger Daytona SRT Concept Panoramic roof
パノラミックルーフも装備されており、開放感は十分。

目次に戻る

パワートレイン

スペックは明かされていませんが、主要なパフォーマンス指標でSRTヘルキャットを上回るとダッジはコメントしています。
2020年モデルのダッジ チャージャー SRTヘルキャットは、0-60mph(0-96km/h)を3.6秒でこなし、1/4マイルをわずか10.96秒で駆け抜けるという代物です。EV版チャージャーはこれを上回るものと思われます。
しかし市販バージョンでは出力レベルに応じて複数のグレードが用意されるとのことなので、全グレードでSRTヘルキャットを上回るのかはわかりません。

EV版チャージャーに搭載されるパワートレインは「バンシー」と呼ばれており、800Vのシステムに対応しているそうです。
また、マルチスピードトランスミッションや、プッシュ・トゥ・パス(一時的なブースト機能)も備えています。
しかし最もユニークなのは、EVなのにエキゾーストノートを発する点でしょう。SRTヘルキャットと同等の、126dBもの大音量で排気音を生成します。ポルシェ タイカンにはモーター音を強調するオプション(ポルシェエレクトリックスポーツサウンド)がありますが、内燃機関の排気音を再現するEVは世界初でしょう。

Dodge Charger Daytona SRT EV Concept – Sound, Exterior and Interior
グランツーリスモみたいな排気音だ……

また、ドリフトモードやドラッグモードなど、複数の機能のロックをドライバーが解除できるようになるそうです。もしかすると、無線でのサブスクリプションサービスが用意されるのかもしれません。

目次に戻る

価格・発売日

市販バージョンの価格に関する情報はまだありません。2024年モデル(2023年下半期~2024年上半期生産モデル)として登場すると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath