ジープ アベンジャー 小さなジープがEVで登場

Jeepの新車情報EV, SUV

Jeep Avenger

ジープが新型EV「アベンジャー」を発表しました。レネゲードよりも小さなモデルで、開発中のプロトタイプは通称ベビージープと呼ばれていた、Bセグメントの車種です。

今回はジープ アベンジャーの概要をご覧ください。

Related Posts

ジープ アベンジャーの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Jeep Avenger Front
ジープ アベンジャー。セブンスロットグリルなど、伝統的なジープの意匠を受け継いでいる。

Jeep Avenger Side
ルーフとサイドシルを黒く塗装し、ボディの上下幅が薄く見えるようにするのが最近のトレンド。

Jeep Avenger Charge port
充電ポートは左側にある

Jeep Avenger Rear
シンプルなリア周り。車名のバッジすら無い。

目次に戻る

インテリア

内装の画像はまだ公表されていません。10月17日にパリ・モーターショーで正式発表されるので、そのときに公開されるでしょう。

目次に戻る

シャシー

STLA Smallプラットフォームを採用しています。
ジープのSUVということで、走破性は一級品です。最低地上高とアプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレイクオーバーアングルは、セグメントトップのレベルだとジープはコメントしています。

目次に戻る

パワートレイン

バッテリー容量はまだ明らかになっていませんが、航続距離は400kmだとアナウンスされています。
モーターの出力は1つ当たり95psで、グレードによって2つ(190ps)ないし4つ(380ps)が搭載されるようです。

ICE(内燃機関)搭載のモデルも用意されると見られています。エンジンは1.2リッターのPureTechが搭載される見込みです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

ジープ アベンジャーの実車は、2022年10月17日に開催されるパリ・モーターショーでお披露目されます。発売は2023年初頭、デリバリー開始は2023年第1四半期の予定ですが、日本導入は確実ですが、その時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath