トヨタ新型アベンシスワゴン モデルチェンジで1.6Lターボエンジン搭載! 2017年内に登場予定

トヨタの新車情報,新車情報

欧州産の日本車である3代目トヨタ・アベンシスが発売されたのは2008年、もう9年も前のことです。

ワゴンは2012年と2015年に2度のマイナーチェンジを受けているものの、車両の基礎的な部分の古さは否めません。

そんなアベンシスの新型が、ヨーロッパの路上で目撃されました。
今回は新型アベンシスのスパイショットと、予想スペックについてお伝えします。

画像の出典: autoevolution.com


【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。

新型アベンシスワゴンのスパイショット

このヘッドライトはもちろんダミー。いくらトヨタでもこんなデザインにはしない。
ルーフラインの描く弧が美しい。
リア周りも分厚い擬装に覆われていて、真の姿はわからない。
結構尻上がりなデザインだ。
リアウィンドウはやや寝ているように見える。

画像の出典: autoevolution.com

ワゴンの正式名称は「アベンシス・ツーリング・スポーツ」になると言われています。

新型は後席の広さを確保するために、やや大型化されるようです。
ちなみに3代目の全長は4820mm、ホイールベースは2700mmでした。

しかし車体が大型化されるにもかかわらず、車重は現行の3代目(1440-1725kg)からわずかに軽量化されるのだとか。
これは高張力鋼板の多用と、ダウンサイジングターボ(後述)でエンジンが小型化されたおかげでしょう。

目次に戻る

新型アベンシスワゴンのエンジン

現行モデル(3代目)のガソリンエンジンは、自然吸気の1.8Lおよび2.0Lエンジンを搭載していますが、新型は新開発の1.6L直噴ターボに置き換わります。
この1.6L直噴ターボには、120〜150psの間に3つの仕様が用意される予定です。

ディーゼルに関しても、1.6Lおよび2.0Lの「トヨタ・D4D」から、BMW製の1.5Lと2.0Lユニットに変更されます。
BMW製ディーゼルのパワーは、115psと190psです

目次に戻る

新型アベンシスワゴンの価格・発売時期

ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーと言われています。
価格もそのときに発表されるはずです。

発売は年末か、来年初頭になるでしょう。
セダンも一緒に発売されるかはわかりません。情報が入り次第、このページに追記したいと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。