BMWの新車情報

BMW M2クーペは先代M3より速い! けど……シビックより遅い。

sponsored link

ニュルのタイムが全てとは思わないけど……

BMW M2クーペ_外観

画像の出典: automobilemag.com

BMW M2がニュルブルクリンクで7分58秒を記録。先代M3のタイムを7秒上回ったそうです。

BMW M2クーペ、ニュルで7分58秒…先代 M3 超えた - response

でも新型シビックタイプRは7分50秒63というタイムを既に出しています。価格帯的にシビックタイプRよりも上で、しかもスポーツ性をウリにしているBMWが、劣っているタイムをわざわざ発表するのは逆効果としか思えません。

新型シビックタイプR_外観

画像の出典: carscoops.com

サーキットでタイムが出る車=レーシングカーに近い車

タイムを更新するだけなら、レーシングカーに保安部品をつけただけの車を販売すれば事足ります。けれどそんな車はマニア以外買いません。なのでニュルのタイムを声高に喧伝するような車は、ラインナップにエボリューションモデルを設定してタイムアタックを行います。「GT-R NISMO」や「ポルシェ911GT2」などが、その典型例といえるでしょう。

タイムと快適性は引き換え

新型シビックタイプRのタイムアタック映像を再生すると、まずロードノイズの凄まじさに驚かされます。おそらくかなりのハイグリップタイヤを履いているのでしょう。サスペンションもかなり硬そうです。

シビックタイプRは典型的なエボリューションモデルですから、タイム向上のために快適性を大幅に削っています。

最近のM Gmbhはコンフォート寄り

M2クーペの試乗レポートが無いのでハッキリしたことはわかりませんが、内装写真などを見るかぎりでは、最近のM社のトレンドに則った味付けが施されているように見受けられます。すなわち「コンフォート性を犠牲にせず、サーキットでも楽しめる車」です。現行のM3やM4と同じ路線です。

そもそも純粋に速さを追求するならば、直6なんて積みません。一度はV8を積んだM3を直6に戻したことは、サーキットのラップタイムを重視しないという考え方の現れです。

なぜM2クーペのタイムを発表したのか?

ならタイムを発表しなきゃ良かったのに……と思いたくなりますが、M2クーペにエボリューションモデルが用意されているならば話は別です。例えば「M2 CSL」のような車が今後出てくるならば、ベースモデルとのタイム比較によって、どのくらい性能が向上したかをハッキリと示すことができます。

ちなみに「M3 CSL」のタイムは7分50秒、そのベースモデルである「E46 M3」のタイムは8分22秒でした。M2クーペのエボリューションモデルに期待したいところです。

sponsored link

Category: BMWの新車情報
Tag:

戻る