ホンダ車の評価・口コミ

N-BOXカスタムの評価・口コミまとめ ホンダらしさ満点の「プチバン」

sponsored link

N-BOXカスタム_外観

画像の出典: honda.co.jp

軽トールワゴンの革命児「N-BOXカスタム」

タントカスタムが絶対王者として君臨していた軽トールワゴンの世界に殴りこみ、あっという間に王座を奪い取ったN-BOXカスタム。強さの秘訣は、それまでの軽に無かった発想を持ち込んだことにあります。

センタータンクレイアウトは、「これ以上広くはならない」と思われていた軽自動車の室内をさらに広くしました。

パワフルなエンジンも、「軽はともかく燃費重視じゃないと売れない」というメーカー側の思い込みを打ち破り、多少燃費が悪くなろうとも、キビキビとした走りの良さの方を選ぶユーザーがたくさんいることを証明して見せたのです。

室内の広さ、走りの良さ、内外装の質感にこだわった結果、N-BOXカスタムは1300ccのフィット並の価格になりましたが、それでも売れています。妥当な価格との口コミも多いです。

N-BOXカスタムの何がそこまで評価されているのかは、以下の口コミまとめでご確認ください。

sponsored link

目次
  1. インテリア
  2. ナビ・電装系
  3. エクステリア
  4. エンジン・燃費
  5. ハンドリング・取り回し
  6. 乗り心地・静粛性
  7. 安全性
  8. 値引き・中古車動向
  9. 愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

N-BOXカスタムのインテリア

ブラックを基調とした内装は落ち着いた雰囲気です。特にターボ車の「カスタムブラック コンビシート」は、高級感があると評判です。

N-BOXカスタム_室内

画像の出典: honda.co.jp

質感ではフィットやフリードより上との評価も多く、クラスレスな魅力を備えています。

N-BOXカスタム_インパネ

画像の出典: honda.co.jp

室内の広さは折り紙つきです。

しかし広さの割には収納が少ないと、不満の声も多いようです。N-BOXカスタムの頭上空間は有り余っていますから、ホンダアクセスの「大型ルーフコンソール」を装着することをおすすめします。

N-BOXカスタム_大型ルーフコンソール

画像の出典: honda.co.jp

評価の高い内装ですが、問題が無いわけではありません。

「ターボ Lパッケージ」と「2トーンスタイル」には本革巻きステアリングが標準装備されていますが、滑りやすいため不評です。

後席にセンターアームレストがあるのは良いのですが、少し短いのが玉にキズ。しかし軽自動車で後席アームレストがある車は珍しいので、N-BOXカスタムの評価が下がるわけではありません。

N-BOXカスタム_リアシート

画像の出典: autos.goo.ne.jp

内装で最大の問題は、ラゲッジスペースの狭さでしょう。

N-BOXカスタム_ラゲッジスペース

画像の出典: autoc-one.jp

初期型は後席がスライドしなかったのでどうしようもありませんでしたが、2015年3月のマイナーチェンジで後席がスライドするようになったため、後席使用時のラゲッジの狭さを改善することができるようになりました。

目次に戻る

N-BOXカスタムのナビ・電装系

丸い3眼メーターは見やすいと好評です。スポーティーでカッコいいですね。

N-BOXカスタム_メーター

画像の出典: honda.co.jp

スタートスイッチがステアリングの左側にあるのは、感覚的に慣れないという人が多いようです。

N-BOXカスタム_シフトレバー
シフトレバー横にある赤いボタンがスタートスイッチ

画像の出典: honda.co.jp

純正スピーカーの音もいまいちですから、音にこだわるなら、8スピーカーのN-BOXスラッシュを選んだほうが良いかもしれません。

目次に戻る

N-BOXカスタムのエクステリア

派手で迫力のあるエクステリアは好評です。ターボ車のホイールもかっこいいですね。

N-BOXカスタム_ホイール
ターボのホイール

画像の出典: autoc-one.jp

紫色のLEDポジショニングランプは少し恥ずかしいという声もありました。

N-BOXカスタム_LEDポジショニングランプ

画像の出典: honda.co.jp

スライドドアが大きく開くため、乗降性は良好なようです。

テールゲートが大きく開くので、狭い駐車場などでは注意が必要です。

N-BOXカスタムは背が高いですから、開いたテールゲートの高さもそれに準じます。小柄な方はホンダアクセスの「テールゲートストラップ」を装着しておいた方が良いかもしれません。

N-BOXカスタム_テールゲートストラップ

画像の出典: honda.co.jp

目次に戻る

N-BOXカスタムのエンジン・燃費

ターボエンジンは「踏めば応えてくれる」と高評価です。低回転から過給されるので気持ちいい加速を味わえると絶賛されています。ターボならECONオンでも問題なさそうです。

自然吸気エンジンの方もECONをオフにすればそれなりに走れるとのこと。軽とは言えやはりホンダ、エンジンに関しては抜かりありません。

実燃費に関しては自然吸気の方が良好です。

エンジン街乗り郊外・高速道路
ターボ11~15km/L14~18km/L
自然吸気15~18km/L19~20km/L

目次に戻る

N-BOXカスタムのハンドリング・取り回し

前後に装着されたスタビライザーと、路面の凹凸をよくいなしてくれるサスペンションのおかげで、軽トールワゴンとしては良く走ります。

けれど横風に弱くフラフラしますし、中立付近でステアリングが軽すぎるなど、ハンドリングに関してはクラスレスとはいかないようです。

エンジンブレーキとフットブレーキの効きが悪いことも問題です。フットブレーキは無限のブレーキパッドに交換すると改善するようですが、エンブレの効きの悪さだけはどうしようもありません。


視界

最近の車としては珍しく、N-BOXカスタムは前後左右の視界が良いです。視点の高さや見切りの良さは、運転中のストレスを軽減してくれます。

ただし広角ドアミラーはミラーの下半分が歪んで見えるので違和感があるとの声も多く、評価が分かれています。

N-BOXカスタム_広角ドアミラー

画像の出典: honda.co.jp

ピタ駐ミラーはアイデア商品ですね。けれど暗いと役に立ちません。

N-BOXカスタム_ピタ駐ミラー

画像の出典: honda.co.jp

目次に戻る

N-BOXカスタムの乗り心地・静粛性


乗り心地

「2リッターミニバン並」「200km走っても疲れ知らず」と絶賛されています。ただし、それは前席のみの評価です。

後席はシートが薄く、突き上げが強いとされ、あまり評判が良くありません。


静粛性

ターボの場合は問題ありませんが、自然吸気では遮音性の向上を求める声が強いです。ターボと自然吸気で評価が割れているのは、エンジンの常用回転域の差によるものと思われます。

減速時にCVTから発せられるノイズが気になるとの口コミや、スライドドアからの異音発生の報告もありました。スライドドアからの異音は、総じて初期型に多いようです。

目次に戻る

安全性

◯=標準装備 △=メーカーオプション ☓=設定なし

名称装備
横滑り防止装置
衝突被害軽減ブレーキ△※1
クルーズコントロール◯※2
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
アダプティブヘッドライト
ブラインドスポットアシスト
ヒルスタートアシスト
運転席・助手席エアバッグ
サイド&カーテンエアバッグ△※1

※1 「あんしんパッケージ」としてセットになっている。

※2 ターボ車のみ標準装備。その他は設定なし。

衝突被害軽減ブレーキとサイド&カーテンエアバッグがオプションなのは残念ですが、軽自動車としては標準的なレベルの安全性を備えています。

目次に戻る

値引き・中古車動向


平均値引き額

値引き対象平均値引き額(万円)
本体12.5
オプション4.5

2015年後半から、値引き額は拡大傾向にあるようです。今なら平均値引き額よりも多くの値引きを引き出せるでしょう。


中古車動向

登録済み未使用車が数多く出回っていますが、新車時の車両価格と大して変わりません。

それでもオプション価格の分だけはお得なので、オプション内容が良い個体ならば、未使用車を買う価値は十分あると思います。カーセンサー だと「もっと詳細な条件」で登録済み未使用車だけを絞り込めるので便利です。

目次に戻る

愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……では残りの2つは?

インターネットで無料査定できる買取りなら、下取りより平均16万円も高く売れるとのデータがあります。

また、車の価値は25000km刻みで急落する傾向があるようです。つまり25000km、50000km、75000kmといった区切りを迎える前に、愛車の売却を一度は考えてみるべきです。

しかし高く売れる条件を満たしていても、ある2つのことについて知らないと、高値で売るどころかトラブルに巻き込まれる恐れもでてきます


その1 相場を知ること

実は査定依頼をしても、相場を教えてくれないことがあります。相場がわからなければ、査定額が適正なのか判断できません。

Goo買取なら買取店に査定依頼を出す前に、まずあなたに相場を教えてくれます

相場がわかっていれば、たくさんの買取店に一括査定を頼まなくても、査定額が高いか低いか判断できます。だから1〜2店舗ずつの査定・交渉でも、愛車が買い叩かれるのを防げますし、高額売却のチャンスも逃さずに済むのです。

交渉相手を少なくできれば、電話ラッシュも無くなります。このように相場情報は、売り手に大きな恩恵をもたらしてくれるのです


その2 評判を知ること

誰だって、不愉快な思いはしたくないですよね。でも買取店の評判がわからなければ、悪質な店を避けられません

Goo買取は、ガリバー等の買取店の系列ごとではなく、各店舗ごとにレビューが付けられる仕組みです。だからあなたの街の車屋さんの評判もバッチリわかります。高値で買い取ってくれる店や、サービスの良い店だけを選び出せるのです。


相場を知り、評判を知れば、買取危うからず。

出来る限り愛車を高値で売りたいですし、大金をやり取りするわけですから、安全・確実な方法をとりたいですよね。そのどちらにも優れている査定サイトは、現状ではGoo買取だけです。

Goo買取はもちろん査定無料。入力も3分ほどで済みます。あなたの車がどのくらいの価格で売れるのか、ぜひチェックしてみてください。

Goo買取の使い方がよくわからないという方は、こちらをご覧ください

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。軽トールワゴンに興味のある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

人気のスライドドア軽自動車 おすすめランキング

N-BOXスラッシュも良い車ですよ。

N-BOXスラッシュの評価・口コミ ルーフは低いが満足度は高い!

sponsored link

Category: ホンダ車の評価・口コミ
Tag:

戻る