ホンダ車の評価・口コミ 評価・口コミ

ステップワゴンスパーダ(クールスピリット)の口コミ・評価 過小評価の実力派!

sponsored link

ステップワゴンスパーダ_トップ画像

1.5L 直噴VTECターボという話題のエンジンを搭載しているのに、いまいち人気が無いRP3ステップワゴンスパーダ。でも実際には完成度の高い実力派ミニバンです。一度試乗してみれば、ホンダの本気具合がわかる仕上がりになっています。

車の人気というのは不思議なもので、50プリウスのように「カッコ悪い」「醜い」と言われながらも売れる車があるかと思えば、RP3のように「かっこ悪い」と言われて本当に売れない車もあるのです。

でも売れ行きが悪くても性能や品質の良い車というのは、見方を変えればお得な車でもあります。値引き幅が大きく、リーズナブルな価格で購入できるからです。RP3の値引き幅も拡大しています。詳しくは記事中の項目をご覧ください。

sponsored link


インテリア

シート

前席はホールド性こそそこそこですが、ややシートが薄く、クッションも硬めです。硬めのシートは疲れにくいという利点もありますが、チョイ乗りだとそのメリットを感じられません。シートヒーターはCoolSpiritのみ標準装備です。

ステップワゴンスパーダ_RP3_運転席・助手席

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

2列目は広くて快適、疲れません。キャプテンシートの場合は左右両方に肘掛けがあるのもうれしいポイントです。2列目に3人座れるベンチシートはオプションになります。

ステップワゴンスパーダ_RP3_2列目シート

画像の出典: honda.co.jp

他社とは異なり、3列目シートが床下収納なので、収納時にはフラットなフロアができます。わくわくゲートの使い勝手を考えた結果でしょう。収納は半自動なので、力は必要ありません。

ステップワゴンスパーダ_RP3_3列目シート

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

また、わくわくゲートの前にあるシートだけを格納しておくこともできます。

ステップワゴンスパーダ_RP3_3列目シート片側収納

画像の出典: motordays.com

でも日産・セレナのような3列目用のシートバックテーブルはありません。

室内の質感と使い勝手

ノア/ヴォクシーよりも質感の高いインテリアです。エスクァイアのようなラグジュアリー感こそありませんが、安っぽさを感じさせない作りです。CoolSpiritにはウェーブメタル加飾が加わります。

ステップワゴンスパーダ_RP3_ウェーブメタル加飾

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

直線基調のインパネはデザインこそ賛否両論ありますが、使いやすさやメーターの見やすさは誰もが評価するところです。

ステップワゴンスパーダ_RP3_インパネ

画像の出典: motordays.com

室内は同クラスのミニバンよりも、明らかに広く感じます

スライドドアに内蔵されているロールサンシェードは、暑い日にはありがたい装備です。

ステップワゴンスパーダ_RP3_ロールサンシェード

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

ルームミラーの位置が高すぎるのが玉にキズです。

小物収納・ラゲッジスペース

最近の車としては珍しく、小物収納が豊富です。でも大きめの物を入れるフタ付きのボックスはありません。

ラゲッジスペースは十分な容量です。3列目さえ畳めば大抵の荷物は載せられます。開口部の高さも445mmと低いので、積み下ろしも楽ちんです。

ステップワゴンスパーダ_RP3_ラゲッジスペース

画像の出典: motordays.com

ステップワゴンスパーダ_RP3_開口部高

画像の出典: autoc-one.jp

目次に戻る

ナビ・電装系

メーター・スイッチ関連

デジタルメーターに違和感を覚える人が多いようです。視線移動が少なく、見やすさは抜群なのですが……。

ステップワゴンスパーダ_RP3_メーター

画像の出典: motordays.com

メーター左側のマルチインフォメーションディスプレイは、さまざまな情報を表示してくれます。メーターの色などもカスタマイズ可能です。

ステップワゴンスパーダ_RP3_マルチインフォメーションディスプレイ

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

エアコン

トリプルゾーンエアコンでないと、3列目までまんべんなく温める(冷やす)ことができません。SPADAの場合、標準のSPADA・2WDモデルにはついていないので注意が必要です。

ステップワゴンスパーダ_RP3_トリプルゾーンエアコン

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

その他電装系

バックランプが1つだけなので、夜間のバックモニターは視認性が悪いです。

目次に戻る

エクステリア

最近のホンダとしては珍しく、くどくない顔つきをしています。優しすぎるという声もありますが、個人的には好ましいデザインだと思いますよ。でもフロントリップスポイラーを車輪止めにぶつけやすいので要注意です。

ステップワゴンスパーダ_RP3_フロント外観

画像の出典: autoc-one.jp

写真よりも実車の方がかっこよく見えます。角度によって違った表情を見せてくれるので飽きません。

ステップワゴンスパーダ_RP3_リア外観

画像の出典: autoc-one.jp

わくわくゲート

わくわくゲートは、3列目へのアクセスを容易にする素晴らしい装備です。ゲートのロック解除は停車時のみ可能なので、安心して子供を乗せられます。

ステップワゴンスパーダ_RP3_わくわくゲート

画像の出典: motordays.com

乗り降りのしやすさ

ステップ高(フロアから地面までの高さ)は390mmなので、乗り降りもらくらくです。ノア/ヴォクシー(ステップ高360mm)ほど低くはありませんが、たった3cmなので問題にはならないでしょう。

ステップワゴンスパーダ_RP3_ステップ高

画像の出典: honda.co.jp

目次に戻る

パワートレイン

エンジンとギアボックス

VTEC TURBOはトルクフルです。きつい坂道の登りでもグイグイ加速してくれます。ターボラグも少ないので快適です。

ただし加速がいいのは60km/hまで。高速道路の速度域に入ると、ややパワー不足なのは否めません。それでも同クラスのミニバンよりはパワフルです。

トランスミッションがCVTなので、DCTのようなダイレクト感に欠けています。エンジンが良いだけに、少し残念なポイントです。

バック(後退)するときに出足が悪いとの指摘がありました。とくに坂になっているとなかなか進まなくなるようです。

燃費

実燃費は街乗り7〜10.5km/L郊外・高速道路13〜15km/L程度です。自然吸気だった先代からの改善幅はわずかですが、重量が50kgほど重くなっていることを考えると、上出来と言えるでしょう。

目次に戻る

ハンドリング・取り回し

運動性能

ホンダの本気を感じられるハンドリングです。ロールが少なく、ドライバーの入力に車がきちんとついてきます。車体剛性の高さが効いているようです。ブレーキの効きも素晴らしく、とてもミニバンとは思えません。横風にも比較的強いです。

パドルシフトは必須

ダウンサイジングターボの弱点の1つは、エンジンブレーキの効きが弱いことです。エンジンブレーキは排気量に依存するので、小排気量だとどうしても効きづらくなります。

しかし標準のステップワゴンには、パドルシフトの設定自体がありません。パドルシフトが標準装備されているスパーダを買うべきでしょう。パドルシフトは下り坂で真価を発揮します。

初期型ではパドルシフトがCoolSpiritにしか装備されていませんでしたが、2016年5月の一部改良で、スパーダは全車パドルシフト標準標準となりました。

視界・取り回し

視界の良さは抜群です。右左折時にストレスを感じることはありません。

5ナンバーサイズのボディは、狭い場所でも車両感覚を掴みやすいです。最小回転半径は5.4mとなります。

目次に戻る

乗り心地・静粛性

乗り心地

コツコツと振動がありますが、気になるレベルのものではありません。2・3列目でも快適です。揺れの収まりが良いみたいですね。

Cool Spiritは17インチですが、乗り心地は16インチとさほど変わりません。

静粛性

一般的にミニバンの車内はうるさいのですが、ステップワゴンはロードノイズを上手く遮断しています静粛性はノア/ヴォクシーよりも上です。

目次に戻る

安全装備

◯=標準装備 △=メーカーオプション −=設定なし

安全装備SPADA CSSPADA
横滑り防止装置
プリクラッシュブレーキ
車線逸脱抑制
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
クルーズコントロール
ACC※1
ハイビームアシスト
アダプティブヘッドライト
ヒルスタートアシスト
運転席・助手席エアバッグ
サイド・カーテンエアバッグ

※1 アダプティブクルーズコントロールの略。

ACCが付いているものの、全車速追従機能は付いていません。つまり渋滞時には楽できないということです。

目次に戻る

値引き額・中古車動向

値引き額

値引き対象値引き額(万円)
SPADA CS車両本体26.2
SPADA CSオプション9.7
SPADA 車両本体31.5
SPADA オプション11.8

車両本体の値引き幅は拡大中のようです。買い時かもしれませんね。

中古車動向

登録済み未使用車がわずかですが出回っています(2016年8月現在)。ですが新車とあまり価格差がないので、普通に新車を買ってしまった方が良いと思います。

元試乗車だった個体もチラホラ出回っていますが、エンジンに良くない短距離走行だけを繰り返した個体ですし、管理状態がディーラーごとに雲泥の差なので、実車をきっちり確認した上で購入すべきです。カーセンサーで良さげな個体を見つけたら、見積もりついでに試乗してみると良いでしょう。


愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離……あと2つは?

インターネットで無料査定できる買取りなら、下取りより平均16万円も高く売れるとのデータがあります。

また、車の価値は25000km刻みで急落する傾向があるようです。つまり25000km、50000km、75000kmといった区切りを迎える前に、愛車の売却を一度は考えてみるべきです。

しかし高く売れる条件を満たしていても、ある2つのことについて知らないと、高値で売るどころかトラブルに巻き込まれる恐れもでてきます


相場を知ること

実は査定依頼をしても、相場を教えてくれないことがあります。相場がわからなければ、査定額が適正なのか判断できません。

Goo買取なら買取店に査定依頼を出す前に、まずあなたに相場を教えてくれます

相場がわかっていれば、たくさんの買取店に一括査定を頼まなくても、査定額が高いか低いか判断できます。だから1〜2店舗ずつの査定・交渉でも、愛車が買い叩かれるのを防げますし、高額売却のチャンスも逃さずに済むのです。

交渉相手を少なくできれば、電話ラッシュも無くなります。このように相場情報は、売り手に大きな恩恵をもたらしてくれるのです


評判を知ること

誰だって、不愉快な思いはしたくないですよね。でも買取店の評判がわからなければ、悪質な店を避けられません

Goo買取は、ガリバー等の買取店の系列ごとではなく、各店舗ごとにレビューが付けられる仕組みです。だからあなたの街の車屋さんの評判もバッチリわかります。高値で買い取ってくれる店や、サービスの良い店だけを選び出せるのです。


相場を知り、評判を知れば、買取危うからず。

出来る限り愛車を高値で売りたいですし、大金をやり取りするわけですから、安全・確実な方法をとりたいですよね。そのどちらにも優れているのはGoo買取だけです。

Goo買取はもちろん査定無料。入力も3分ほどで済みます。あなたの車がどのくらいの価格で売れるのか、ぜひチェックしてみてください。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: ホンダ車の評価・口コミ, 評価・口コミ
Tag: ,

戻る