おすすめ商品

スイフトスポーツ(ZC32S)のおすすめマフラー 音比較も

sponsored link

2016/08/20

GReddy_ZC32S

海外でも新型スイフトスポーツの話題が盛り上がっていますが、これからスイフトスポーツで走りを楽しもうというのなら、むしろ現行型(ZC32S)の方が魅力的です。

モデル末期ですから、新車で買うなら値引きが期待できます。中古で買うにしても、新型発表後にはZC32Sの中古価格は確実に下がりますから、より買いやすくなるでしょう。

それでいてパーツのラインナップは豊富ですし、ショップ側も十分なノウハウを蓄えているので、ユーザーの思い描く理想のスイスポをすぐに作れます。ZC32Sのチューニングは、むしろこれからが旬なのです。


スイフトスポーツ(ZC32S)のマフラーチューニング

ZC32Sのノーマルマフラーは、高回転まで回したときこそそれなりの音がしますが、低回転での音にはまったく迫力がありません

しかもZC32Sの遮音性の高さが災いし、ノーマルマフラーだと排気音があまり聞こえないために、スポーツ感が希薄です。普段使いでもスポーティーな感覚を味わいたいなら、マフラー交換は必須でしょう。

免責事項

マフラーの音量数値は、各メーカーの公式サイトに記載されているものです。純正ノーマルマフラーの音量数値が各メーカーごとに異なりますが、おそらく計測環境に違いによるものと思われます。

また、リンクの作成には細心の注意を払っていますが、リンク先の商品一覧に異なる商品が紛れ込んでしまうことがあります。ご購入の際は、各ショップのページに表示されている商品名・品番等を必ずご確認ください。

トップ画像の出典: trust-power.com

sponsored link

目次
  1. モンスタースポーツ
  2. HKS
  3. TRUST
  4. 柿本改
  5. FUJITSUBO
  6. ロッソモデロ

モンスタースポーツ

パイクスピークやダートトライアルで有名な「モンスター田嶋」こと、田嶋伸博氏の会社が展開するブランドです。田嶋氏はスズキと関係が深く、かつてはワークス的な位置づけで活動していました。なのでモンスタースポーツは、スズキ車のチューニングに定評があります。

そんなモンスタースポーツがZC32S用に開発したマフラーは2種類あり、ひとつは「MSEスポーツマフラー」、もう一つは「MSEチタニウムマフラー」です。


MSEスポーツマフラー

MSEスポーツマフラーモンスタースポーツ MSEスポーツマフラー(ZC32S用)
  • ノーマル+αな音量
  • 重量9.8kg(純正9.9kg)
  • 近接排気騒音:左86右87dB(純正:左84右85dB)

楽天で探す

Amazonで探す

ノーマルマフラーの音質を変えずに、音量だけを上げたようなマフラーです。スポーツマフラーとしてはジェントルなサウンドなので、物足りないと感じる人もいるようですが、近所迷惑にならないので気兼ねなく装着できます


MSEチタニウムマフラー

軽量なチタン製なので、ノーマルマフラー比でおよそ47%も軽量です。

動画だと録音環境が異なるのか、MSEスポーツマフラーより音量が大きいように感じられますが、騒音の数値ではほぼ同等です。しかし低音成分が増したため迫力があります。上記の動画でぜひご確認ください。

目次に戻る

HKSリーガマックスプレミアム

こちらも2種類ありますが、材質は同じです。「メインサイレンサーだけを交換するタイプ」と「中間パイプまで交換するタイプ」の2つが用意されています。


メインのみタイプ

メインのみタイプでも良い音がします。比較的安価なのも魅力ですね。


メイン+中間パイプ

騒音が90dBを超えてしまいますが、チューニングカーらしい低音が心地よいです。

目次に戻る

TRUST

トラストもHKSと同様に、「リアピース(メインサイレンサー)のみ」と「リアピース+センターパイプ(中間パイプ)付き」のものがあります。

ショップによって名称が「GTS」だったり「GTスラッシュマフラー」だったりしますが、品番が同一なので中身は同じものです。


GReddy コンフォートスポーツGTS リアピースのみ 50φ

シングル 50φ

シングルとダブルの2種類が用意されています。お好みでお選びください。


コンフォートスポーツGTS センターパイプ付き ダブル 60φ

いい音です。でもトラストのマフラーがステーのトラブルが出ているみたい(みんカラ等で報告あり)なので、注意した方が良さそうです。壊れたら交換してくれるみたいですけどね。

目次に戻る

柿本改

チューニングマフラーの老舗・柿本改のZC32S用マフラー「Class KR」は、低音が豊かで、ズシリと重いサウンドが特長です。

目次に戻る

FUJITSUBO

フジツボからは3種類のZC32S用マフラーが出ています。「AUTHORIZE S」はメインサイレンサーのみを交換するタイプ、「AUTHORIZE R」はセンターパイプまで交換するタイプ、そして「AUTHORIZE V」は、スピードに応じて音量をコントロールするバルブが付いているタイプとなります。


AUTHORIZE S

AUTHORIZE R

フジツボマフラーらしい低音サウンドです。音量は93dB(5175rpm時)とやや大きめですが、音質が良いので不快さはまったくありません。


AUTHORIZE V

Vに関してはyoutubeで動画を見つけられなかったので、サウンドは以下のリンク先にある公式サイトの動画でご確認ください。ただしFlash動画なので、ブラウザによっては再生できないかもしれません。

FUJITSUBO AUTHORIZE V ZC32S スイフトスポーツ

重量がノーマルマフラーよりも1.4kg重いのが気になります。メインサイレンサー部分だけなのに価格も高め(センターパイプ付きのAUTHORIZE Rより高い)です。

目次に戻る

ロッソモデロ

セパレートサイレンサーという独自の発想で、アイドリング時は静かなに、そして高回転では良い音を響かせてくれるマフラーです。

COLBASSO Ti-C

COLBASSO(コルバッソ)Ti-Cはチタンテールで、テール部のカラーが複数存在します。購入時にはよくご確認ください。

実際の音は動画より低音が効いていますが、高回転ではレーシーな高音を奏でてくれます

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

スイフトスポーツ(ZC32S)の口コミ・評価まとめ 日本が誇るピュアなホットハッチ!

sponsored link

Category: おすすめ商品
Tag:

戻る