他メーカーの新車情報

シトロエンの温故知新 CXperience登場

sponsored link

2016/09/01

Citroen_CXPERIENCE_01

CXperienceというコンセプトカーを、シトロエンがパリ・モーターショー(パリサロン)で発表します。伝統のCXにちなんだ名前ですが、新しいC5のベースとなるモデルでもあるようです。

sponsored link

シトロエン・CXとは?

Citroen_CX

By Garitzko (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

1974年から15年(ステーションワゴンは17年)の長きに渡り、100万台以上が生産された名車です。

プジョーと合併する前に発表のされた最後のモデルであるCXは、空気抵抗の少ない形が特徴で、今見てもその斬新なに圧倒されます。

CXは見た目だけの車ではなく、れっきとした高性能車でもありました。2.5Lガソリンインタークーラーターボを搭載した「GTI Turbo Ⅱ」は、168psを発生。1370kgのボディを7.8秒で100km/hまで加速させるだけの実力を備えていました。

もちろんサスペンションは、シトロエン独自のハイドロニューマチックです。

目次に戻る

CXperienceの概要

Citroen_CXPERIENCE_02

CXperienceは、3mものホイールベースを誇る巨大サルーンです。次期C5のベースになると言われています。

エクステリア

Citroen_CXPERIENCE_06
サイズ
項目寸法(mm)
全長4850
全幅2000
全高1370
ホイールベース3000

旧CXを見た後だと、CXperienceのデザインもそれほど奇抜に見えないのが面白いですね。

外観上の特徴は──

  1. フロントバンパーの開口部が開閉式フラップ
  2. Citroen_CXPERIENCE_09
  3. ドアミラーがカメラ
  4. Citroen_CXPERIENCE_05
  5. ハッチバック的なルーフラインだがセダン
  6. Citroen_CXPERIENCE_08
  7. 観音開きドア
  8. Citroen_CXPERIENCE_04

──などが主なところです。1〜3は空力に配慮した結果でしょう。つまりかつてのCXのコンセプトを受け継いでいるわけです。

パワートレイン

ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドになる予定です。シトロエンの狙い通りに完成すれば、パワーは253〜304psEV走行距離は60kmとなります。

ギアボックスは横置きの8速ATです。エンジンとモーターの間に設置されます。バッテリーはフロア下、モーターはリアアクスルです。

サスペンション

新開発のハイドロリック・サスペンションで、よりコンフォート性能を高めた新仕様です。騒音と振動を軽減し、上質な乗り心地としながらも、妥協のないハンドリングを実現しています。

インテリア

Citroen_CXPERIENCE_07

16:3の19インチモニタが目を引きます。このスクリーンは表示を分割可能で、たとえば助手席側の2/3で映画を表示し、運転席側の1/3ではカーナビを表示したりできるそうです。また、フロントとリアのカメラによって、車体の周囲360°の映像を見ることができます。

オールド・シトロエンのアイデンティティだった1本スポークのステアリングホイールも復活。横長のモニタの視認性を高めるという、実用上の効果もありそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ以下の関連記事もご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報
Tag: ,

戻る