DS9 フランスのフラッグシップセダンは豪華絢爛

Citroenの新車情報セダン, ラグジュアリー

DS9

シトロエンの高級車ブランドであるDSが、フラッグシップセダンの「DS9」を発表しました。
全長4,933mmという大柄なボディに、プラグインハイブリッド(PHEV)パワートレインを搭載しています。

今回はDS9の概要をご覧ください。


DS9の概要

エクステリア

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

DS9
DS9

DS9 front
顔つきはDSのファミリーフェイスだ。

DS9 headlight
ヘッドライトはかなり凝った作りだ。

DS9 front three quarter
ベースはプジョー 508Lだが、デザインで上手く差別化している。

DS9 bonnet
ボンネット上の加飾。

DS9 side
典型的なファストバック・セダンだ。

DS9 door handle
フラッシュドアハンドルを採用している。

DS9 door mirror
ドアミラーにはブラインドスポットディテクションの警告が表示される。

DS9 wheel
ホイールは複雑なデザイン。

DS9 Performance Line wheel
こちらはパフォーマンスラインのホイール。

DS9 charging port
PHEVの充電ポートは車体左側面にある。

DS9 rear three quarter
ボディは全体的に丸みを帯びている。

DS9 C pillar indicator
Cピラーにはウインカーが埋め込まれている。

DS9 taillight
テールライトの格子模様が美しい。

DS9 muffler
マフラーフィニッシャーは地味めなデザインだが、サイズは結構大きい。

DS9 rear
ワイドなハイマウントストップランプを装着する。

ボディサイズ

寸法(mm)
全長 4,933
全幅 1,855
全高 1,468
ホイールベース 2,895

目次に戻る

インテリア

DS9 interior
DS9のインテリア

DS9 cockpit
メーター類はデジタル・インストゥルメントになっている。

DS9 stitch
パフォーマンスラインには面白いステッチが施されている。

DS9 infotainment
タッチスクリーンはかなりの大画面だ。

DS9 clock
BRM製の時計は文字盤が180°回転して出てくる。

DS9 AT selector
セレクターレバーは人間工学に基づいたデザインなのだという。

DS9 door trim
ドアトリムからも上質感が漂っている。

DS9 Scuff plate
スカッフプレートも光るようだ。

DS9 seat
シートはこんな感じ。ヒーターやベンチレーション、マッサージ機能も用意されている。

DS9 rear seat
後席の足元も広々としている。

DS9 rear climate control
後席用のエアコン操作パネル。

DS9 luggage space
ラゲッジスペースも広々。容量は不明。

目次に戻る

シャシー

DSアクティブスキャンサスペンションを搭載しています。
これはカメラが道路をスキャンし、路面状況に合わせた減衰力に調整するシステムです。

また、DSドライブアシストも搭載されています。
いわゆるレベル2自動運転で、最大180km/hまで対応可能です。

目次に戻る

パワートレイン

E-TENSEと呼ばれるPHEVパワートレインを搭載しています。
ターボエンジンの「PureTech」と電動モーターの組み合わせにより、225psのシステム総出力を発生します。

また、発売後には250ps仕様と360ps仕様の2つが追加される予定です。
後者はAWD(全輪駆動)セットアップとなります。

DS9は容量11.9kWhのバッテリーを搭載しており、EV走行距離は40~50km(WLTP基準)です。
トランスミッションは8速ATを搭載します。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
DS9は2020年3月開催のジュネーブ・モーターショーで実車がお披露目されるので、その際に何らかのアナウンスがあると思います。

DS9は2020年後半から世界各国で発売される予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath