ホンダ車の評価・口コミ

ホンダS660の評価・口コミ エンジン・実燃費編

sponsored link

S660_エンジンルーム02

ビートと同じく、エンジンは他車の流用品

コスト制約のきつい軽自動車なので仕方がありませんが、S660のエンジンはN-ONEなどと同じものが搭載されています。

かつてのビートもトゥディやアクティに搭載されていたE07Aが流用されていましたが、3連スロットルやハイコンプピストン・ハイカム等でチューニングされていたビートと異なり、S660のエンジンには特別なチューニングが施されていません

トップ画像の出典: honda.co.jp

sponsored link

目次
  • エンジンのフィーリング
  • パワー・トルク
  • 実燃費
  • トランスミッション

  • エンジンのフィーリング

    上記のようにS660のS07A型エンジンは、実用車のエンジンそのままですから、官能的な吹け上がりには期待できません

    S660_エンジンルーム01

    画像の出典: autoc-one.jp

    ノーマルマフラーの音もしょぼいですが、マフラー交換をすれば改善が可能です。マフラーサウンドの比較は以下のリンク先をご覧ください。

    ホンダS660チューニングまとめ マフラーサウンド比較付き

    目次に戻る

    パワー・トルク

    N-ONEより20~40kg軽いS660にとっては、S07Aのパワーは必要にして十分です。一般道や峠道を走るだけなら不足はなく、パワーを使いきって走る楽しさを感じられます

    しかし高速道路では非力さを実感させられますし、サーキットでは明らかにパワー・トルクともに不足しています。

    エンジンチューンは難しい?

    S07Aのチューニングメニューは、ECU(エンジンコントロールユニット)、エアクリ、マフラー等のライトチューンに限られています。コペンみたくタービン交換等のハードチューンを施すのは、技術的に困難な模様です。

    とはいえハイオク仕様にしてライトチューンをキッチリ仕上げれば、80psオーバーは十分に可能です。ECUチューンに関しては以下のリンク先をご覧ください。

    ホンダS660チューニングまとめ マフラーサウンド比較付き

    目次に戻る

    実燃費

    実燃費は14km/L程度です。同じエンジンを積むN-ONEのターボグレードとあまり変わりません。

    S660は軽量ですが、駆動輪に195サイズのタイヤを履いています。N-ONEは155サイズなので、重量差が走行抵抗で相殺され、同じくらいの燃費になったのでしょう。

    目次に戻る

    トランスミッション

    6速マニュアル

    6MTはシフトストロークが短く、スコスコと小気味良くシフトチェンジできます。1~5速までのギア比がクロスしているので、スポーツドライビングを妨げません。

    S660_6MT

    画像の出典: autoc-one,jp

    CVT

    7速マニュアルモード付きCVTの出来もよく、パドルシフトで思いのままの変速が可能です

    S660_CVTパドル

    画像の出典: car.watch.impress.co.jp

    スポーツモードを選択すると、電子制御スロットルがアクセル操作に対し開き気味になり、パドルの反応時間も短くなるので、キビキビとした印象になります。

    どちらを選んでもS660の評価が下がることはないと思いますが、どうせ乗るなら6MTを買った方が、「非日常感」を楽しめるのではないでしょうか。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。S660に興味のある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

    ホンダS660の評価・口コミ インテリア編 狭い狭いも好きのうち?

    ホンダS660は頭上が狭い! シートをもっと下げるには?

    ホンダS660の評判・口コミ ナビ・電装系編 車に見合った小さなナビを

    S660にハードトップを付けるべき理由

    sponsored link

    Category: ホンダ車の評価・口コミ
    Tag:

    戻る