BMWの新車情報 新車情報

BMW新型6シリーズ 次期型はポルシェ911のライバル?

更新日:

予想CG

現行6シリーズの役割は、新たに追加される8シリーズに引き継がれるようです。

新型6シリーズに関しては情報が錯綜しており、「8シリーズの開発車両」が「新型6シリーズ」として扱われていた時期もありました。
車知楽でもそのように書いてきましたが、間違いでした。訂正してお詫びします。

この開発車両は6シリーズではなく、8シリーズだった。

でもそうなると新型6シリーズは、いまだ影も形も無いということになります。

現行の3代目・6シリーズは、すでに登場から6年が経過しており、車種としての旬はとうに過ぎてしまいました。
実際、現行6シリーズクーペに関しては既にに生産を終了しており、カブリオレやグランクーペに関しても、近く生産終了になると言われています。

よって次期型の開発車両がそろそろスパイショットされてもおかしくない時期なのですが、その存在は杳として掴めていません。
今回は漏れ伝わってきた新型6シリーズに関する噂についてお伝えします。

目次に戻る

新型6シリーズの予想CG

bmw-6series-2018-rendered-1
AutoBildが公開した予想CG。スリークなデザインだ。
bmw-6series-2018-rendered-1-rear
現行型の高級クーペ的なイメージが色濃く残っているデザイン。
bmw-6series-2018-rendered-2
こちらは「大きなM4」といった感じのデザイン。
bmw-6series-2018-modeling
開発中の模型と見られる流出画像。

目次に戻る

新型6シリーズのスペック概要

ボディタイプに関しては、確定的なのはクーペだけで、コンバーチブルは出るかどうか不透明、グランクーペはほぼ間違いなく出ません。

BMWのモデルラインナップには8シリーズが新たに追加されるため、グランクーペやコンバーチブルはそちらがベースになると見られています。

新型6シリーズの運動性能を引き上げるためには、全長とオーバーハングを短くし、ホイールベースを適正化する必要があります。それは即ち、リアシートの居住性が犠牲になるということです。グランクーペが出ないのも仕方がないといえるでしょう。

大幅な軽量化

現行型から200〜250kgもの軽量化がなされると言われています。事実だとすれば、新型6シリーズの車重は1700kg台です。絶対的な重量は決して軽くはありませんが、大型のスポーツカーとしては軽量な部類となります。

軽量化の立役者は、CLARプラットフォームです。新型5シリーズ(G30)にも採用されたプラットフォームですが、G30にはそれほど多くのカーボンファイバーは使われておらず、アルミやマグネシウムで100kg(F10比)の軽量化を達成しました。

新型6シリーズが200〜250kgも軽くなるとすれば、カーボンファイバーの多用以外では達成不可能です。同じCLARプラットフォーム採用車でも、G30とは対極的なアプローチが取られているのでしょう。

エンジン

640iには、3.0L・直列6気筒ターボのB58が搭載されると思われます。340iに使われているエンジンです。

B58の最高出力は352psなので、パワーウェイトレシオは5前後となります。スポーツカーとしての資質は十分です。

650iは、4.4L・V型8気筒ツインターボのN63となります。こちらは482psなので、パワーウェイトレシオは確実に4を切ってくるはずです。ポルシェ911の対抗馬となるグレードですね。

Mモデルには、4.4L・V型8気筒ツインターボのS63が奢られます。600psオーバーと言われているので、新型M5と同様に、次期M6も4WD化されるかもしれません。もしそうなれば、ライバルは911ターボですね。

目次に戻る

価格・発売時期

価格は現行型から3〜7%引き上げられる予定です。軽量化のために使われるカーボンファイバーのせいかもしれません。現行640iの日本価格は1054万円ですから、新型は1100万円前後になりそうですね。

発売時期は2017年末から2018年初頭と見られています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

BMW新型8シリーズ フラッグシップはクラシカルでラグジュアリー

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-BMWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.