BMWの新車情報 新車情報

BMW新型8シリーズ フラッグシップはクラシカルでラグジュアリー【1/26更新】

更新日:

BMW・8シリーズのコンセプト画像が発表されました。
ご覧のとおり、伝統的なFRスポーツカーの文法にのっとったデザインとなっています。

このページではBMW・8シリーズに関する情報を随時更新しています。

更新情報

ティザー画像を追加しました。(2018/1/26)

M8、M860i、LM-GTEについての項目を追加しました。(2017/5/28)

公式発表されたエクステリア画像と、インテリア画像を追加しました。(2017/5/26)

sponsored link


8シリーズクーペの概要

8シリーズクーペは、これまで6シリーズクーペが果たしてきた役割を引き継ぎます。
ラグジュアリーなスポーツカーとして、メルセデス・ベンツ Sクラスクーペなどの対抗馬となる予定です。

エクステリア

8シリーズ・コンセプトのエクステリア

低く構えたフロントがかっこいい。
8シリーズコンセプト。ロングノーズ・ショートデッキで、いかにもなFRスポーツカーだ。
グリル部分を延長してボンネットを長く見せる手法を取っている。
引き締まったサイドビューは、まるで彫刻のようだ。
ゴールドの巨大なブレーキキャリパーが目を引く。
リアフェンダーの張り出し感がすごい。
ルーフラインからダックテールスポイラーへのつながりが美しい。
後方にいくほど絞り込まれていて、いかにも空力が良さそうだ。

この画像はコンセプトのものですが、デザイン自体は市販バージョンに近いものだと考えられています。

新型8シリーズのデザインは、伝統的なスポーツカーの文法に則ったものです。
長いボンネットにエンジンを収め、後輪車軸のすぐ前にドライバーが座り、4隅にはタイヤが大きく張り出し、それにフェンダーが覆いかぶさっています。

突き出たノーズの先にあるキドニーグリルは、もはやこれ以上ないくらいに強調されていますが、低い位置にあるせいか、違和感はそれほどありませんね。

目次に戻る

ティザー画像

目次に戻る

インテリア

8シリーズ・コンセプトのインテリア

太いサイドシルのせいで乗降性は悪そうだが、フロントシートの足元はかなり広い。
いかにも肌触りが良さそうなシート。ホールド性にも配慮されている。
クラシカルな外観とは対照的に、コクピットは未来的だ。
センターコンソールは上質な仕立て。でもBMWの他車のように、ドライバー側に傾いていない。
ディスプレイは常識的なサイズ。
シフトレバーの造形も美しい。
助手席側。やはり足元が広い。
ドア内張りにもスピーカーが仕込まれているようだ。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは、830iおよび840iは直列6気筒ターボ、850iには4.0L・V型8気筒ターボが搭載されると見られています。
直6モデルには3.0リッター・ディーゼルも用意され、830dと呼ばれるはずです。

ハイパフォーマンスバージョンであるMモデルは、M850とM8が用意されます。
M8には4.4リッター・V型8気筒ツインターボが搭載され、最高出力は630psになる予定です。

xDriveが設定されるかはまだ判明していませんが、ライバルとなるSクラスクーペにも4MATICがありますし、7シリーズにも750 xDriveというグレードがありますから、おそらく用意されることでしょう。。
また、新型M5ではFRと4WDを切り替えられるようになったので、M8にも同様の機構が搭載されると思われます。

V型12気筒モデルもラインナップされますが、ローンチからは大分遅れての登場となりそうです。

目次に戻る

価格・発売時期

価格は不明ですが、Sクラスクーペの日本価格が1477万円からなので、たぶん8シリーズも同じくらいになるでしょう。

発売時期は2018〜2019年になるという噂です。

目次に戻る

M8、M860i、LM-GTEについて

M8xDrive(4WD)となり、630馬力のV8が搭載される予定です。
また、M8にはコンバーチブルも用意されます。

出典: motor1.com

出典: motor1.com

出典: motor1.com

出典: motor1.com

出典: motor1.com

また、M8よりもラグジュアリーに振ったM860i xDriveには、M760i xDriveと同じ6.6リッター・V12スーパーチャージドエンジン(600馬力)が採用されます。

M8をベースにした、LM-GTEマシンも開発されました。

このM8 GTEは、現在のM6 GTLMと置き換わる形で、アメリカのIMSAが主催する「ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ」に参戦するものと思われますが、もしかしたらル・マン24時間レースや、世界耐久選手権(WEC)にも出てくるかもしれません。
M8 GTEの詳細については、以下のリンク先をご覧ください。

BMW M8 GTE ル・マンに復帰するBMWのワークスマシン

目次に戻る

6シリーズクーペは廃止!?

少なくとも6シリーズクーペに関しては、すでに生産を終了しています。
コンバーチブルとグランクーペに関しても、生産終了の可能性が高いです。

現行6シリーズは、6シリーズグランツーリスモが引き継ぎます。

SPYSHOT | 2018 BMW 6 series GT testing HARD at the Nurburgring!

SPYSHOT | 2018 BMW 6 series GT testing HARD at the Nurburgring!

この6シリーズグランツーリスモは、現行の5シリーズグランツーリスモの後継車種となる予定です。

新型6シリーズに関しては、ポルシェ911に対抗する本格スポーツカーになると言われてきましたが、今だ何の情報もありません。
6シリーズにスポーツイメージを与えるならば、グランツーリスモをラインナップするのは逆効果だと思うのですが……。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

BMW新型6シリーズ 次期型はポルシェ911のライバル?

sponsored link

関連コンテンツユニット

-BMWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.