ニッサンの新車情報 新車情報

新型フェアレディZ(Z35) 新世代Zカーはハイブリッド!

更新日:

予想CG

日産を象徴するスポーツカー、フェアレディZは、現行Z34型の登場から8年も経過しており、フルモデルチェンジの時期はとうに過ぎています。
しかし今年11月の東京モーターショーにおいて、ようやく新型フェアレディZのコンセプトモデルが発表されるそうです。

新型にはハイブリッドモデルも用意されるのだとか。
今回は、新型(Z35型?)のエンジンラインナップや予想価格についてのまとめです。

画像の出典: autoexpress.co.uk

sponsored link


新型フェアレディZの概要

プラットフォームはインフィニティQ60FR-Lプラットフォームが採用されます。
「フロント・ミッドシップパッケージ」と呼ばれる前後重量配分に優れたプラットフォームを、新型フェアレディZはショートホイールベース化して利用するそうです。
Z34と同じく、旋回性能を重視したデザインになりそうですね。

エンジンラインナップ

エンジンは3種類。
エントリーレベルのグレードには、3.0L V6自然吸気が搭載されます。
300ps・400Nmになるとのことですが、自然吸気でそこまでトルクが出るのか、正直疑問です。

ミドルレンジは3.0L V6ターボとなります。
インフィニティQ50S・Red Sport 400に搭載されているVR30型エンジンですね。
400ps・475Nmを発生する最新鋭のパワーユニットです。

そしてフラッグシップが、3.0L V6+ハイブリッドとなります。
エンジンが自然吸気なのかターボなのかはわかりませんが、日産のインサイダーは160psのモーターとの組み合わせで、システム出力は500psオーバーになるとコメントしているそうですから、ターボなのかもしれませんね。

トランスミッションは7速DCTが採用されそうです。
新型フェアレディZはポルシェ・718ケイマンSBMW・M2をベンチマークにしているようですから、DCTの採用は当然なのかもしれません。

価格・発売時期

内装のマテリアルも上質なものに変更され、より質感が高められます。
それもあって価格の方も高級化しそうです。
予想価格は30,000〜50,000ドル($1=¥115換算で、345〜575万円)と言われています。

発売は2019年の予定。
今年の東京モーターショーでコンセプトモデルを発表し、2018年の後半にワールドプレミア、そして2019年初頭に発売、といった流れになるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-ニッサンの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.