スズキの新車情報 新車情報

新型ワゴンR ハイブリッドは低燃費化、室内さらに広々、価格は安く【1/29更新】

2017/02/01

新型ワゴンRのカタログが流出しました。
主な装備とスペック表が明らかになったので、先代ワゴンRやダイハツ・ムーブとの差を検証してみます。

更新情報

新型ワゴンRスティングレーの項目を追加し、価格表を更新しました。(2017/01/29)

画像の出典: indianautosblog.com

sponsored link

新型ワゴンRのサイズ

主要諸元新ワゴンR旧ワゴンRムーブ
全長3395
全幅1475
全高165016601630
W/B246024252455
室内長245021652080
室内幅135512951320
室内高126512651280
車重(kg)790820

W/B……ホイールベースの略
表中の数字の単位は、車重以外は全て「mm」

先代ワゴンRはホイールベースがムーブより短かったのですが、新型ワゴンRではムーブを上回るホイールベース長を確保してきました
そのため新型ワゴンRの室内長は一挙に285mmも伸び、ムーブを370mmも上回っています

また、室内幅が60mmも拡大されたため、新型ワゴンRの室内は、ムーブ以上に広々と感じられることでしょう。

目次に戻る

新型ワゴンRのエンジン・燃費

主要諸元新ワゴンR旧ワゴンRムーブ
エンジン出力(ps)52
エンジントルク(Nm)606360
モーター出力(ps)3.12.2無し
モータートルク(Nm)5040
燃費(km/L)33.433.031.0

表中の数値は2WD・自然吸気車のもの。
ワゴンRはマイルドハイブリッド車の数値。

新型ワゴンRではターボグレードが廃止(スティングレーに関しては不明スティングレーはターボ存続のようです。詳細は新型ワゴンRスティングレーの項目をご覧ください)され、マイルドハイブリッドの「HYBRID FZ」「HYBRID FX」と、ノンハイブリッドの「FA」というグレード構成になりました。

旧ワゴンRにもマイルドハイブリッドは搭載されていましたが、新型のモーターはパワーが+0.9ps、トルクが+10Nmアップされ、より力強いアシストを得られるように改良されています
車重は790kg(FZグレード)のまま変わっていないので、加速時に体感できるくらいの違いがあるはずです。

また、アイドリングストップから復帰した後、モーターのみで最長10秒間クリープ走行できる機能が追加されました。

目次に戻る

新型ワゴンRの装備

全てを列挙すると雑多になるので、目新しい部分だけを紹介します。

最上級グレードの「HYBRID FZ」には、LEDヘッドランプを標準装備
ハロゲンの他グレードとはヘッドライトユニットのデザイン自体も異なるなど、差別化が図られています。

HYBRID FZはLEDヘッドランプを標準装備。
HYBRID FXはハロゲン。

同じく「HYBRID FZ」には、ヘッドアップディスプレイ(HUD)が装着されるようです。
セーフティパッケージ装着車(+6万円ほどのオプション)のみですが、HUDが軽自動車に採用されるのは、おそらく初めてのことではないでしょうか。
ワンクラス上の車並みに装備が充実していますね。

内装の大きな変更点としては、センターメーターが採用されたことですかね。
かなり巨大なメーターが確認できます。

不鮮明な画像だが、センターメーターを確認できるはず。
HYBRID FXのインテリア。色は黒も選べる。後席の広さに注目。

目次に戻る

新型ワゴンRスティングレー

以前のワゴンR RRを彷彿とさせるデザインだ。

次期スティングレーのグレードは、「HYBRID T」「HYBRID X」「L」という3種類です。

ワゴンRスティングレー HYBRID T

新型スティングレーはLEDヘッドランプ電動格納ドアミラーステアリングスイッチなどを全車標準装備
ハイブリッド系グレードには、デュアルセンサーブレーキサポートヘッドアップディスプレイ標準装備されています。

HYBRID Tは、64ps・98Nmの直列3気筒ターボエンジン+マイルドハイブリッドを搭載する最上級グレードとなります。
車重は800kgですから、走りはさぞや爽快なことでしょう。

HYBRID Xは自然吸気エンジンなので、パワーや燃費などのスペックは標準車の「HYBRID FZ」と同じです。
外装デザインを変更し、さらに装備を充実させたHYBRID FZといった趣のグレードですね。

Lは装備充実のノンハイブリッドモデルと考えればいいと思います。

目次に戻る

新型ワゴンRの価格

車種グレード2WD車の価格4WD車の価格
新ワゴンRスティングレーHYBRID T165.8177.9
HYBRID X148.8160.9
L129.3141.4
新ワゴンRHYBRID FZ135.0147.0
HYBRID FX不明不明
FA107.8120.2
旧ワゴンRスティングレーT161.4173.5
旧ワゴンRFZ137.3149.4
ムーブX125.3137.7

数値の単位は「万円」

新型ワゴンRは「室内の拡大」「モーターのパワーアップ」「燃費の向上」を果たしたにもかかわらず、旧ワゴンRよりも安くなります。
ノンターボで最も燃費が良い「ムーブ・X」の10万円高ですが、スズキは勝てると踏んでいるようですね。

スティングレーに関しては新型の方が高いですが、新型スティングレーの「HYBRID T」「HYBRID X」には、セーフティーパッケージが標準装備されているため、実質的には値下げと言ってよいと思います。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: スズキの新車情報, 新車情報
Tag: , ,

戻る