ホンダの新車情報 新車情報

ホンダ新型シビックタイプR(2017)の全貌が明らかに スペック、価格、発売時期の詳細

更新日:

新型シビックタイプRの市販バージョンが、ジュネーブ・モーターショーでついにワールドプレミアされました。

今回はホンダが「史上最速のタイプR」だと胸を張る、新型シビックタイプRの詳細をお伝えします。

sponsored link


新型シビックタイプRのエクステリア

日本のスポーツカーはなぜ「ガンダム顔」になってしまうのか……。
アルミホイールは20インチ。ブレーキはブレンボだ。
下回りに赤いラインを入れるのが流行っているが、NISMOの後追い感は否めない。
張り出したリアフェンダーは迫力十分。
レーシングカーと見まごうほどの巨大なリアウイング。
4気筒なのに3本出しマフラー。その理由は発表されず。
トヨタのエアロスタビライジングフィンのようなトゲトゲがついている。

目次に戻る

新型シビックタイプRのインテリア

センターコンソールのタッチスクリーンは7インチで、Hondaのナビゲーションシステムが組み込まれています。
Android AutoとApple CarPlayにも対応しているはずです。
12スピーカー・出力540Wのオーディオも標準装備されます。

タイプRならではのインテリアとしては、ホールド性を増したスポーツシート、本革巻きのステアリングホイールとシフトブーツ、アルミ製のシフトノブとスポーツペダル、タイプR専用メーターと、センターコンソールのタイプRプレート(シリアル入り)などです。

目次に戻る

新型シビックタイプRのエンジン・トランスミッション

2.0L・直列4気筒VTECターボは、最高出力310ps(6500rpm)、最大トルク400Nm(2500-4500rpm)を発生します。

ギアボックスはブリッパー(自動で回転合わせしてくれる機能)付きの6速MT
シングルマス・フライホイールは、先代タイプR比で25%軽量化されています。

また、ファイナルギア比もローギアード化され、加速力が高められているそうです。

目次に戻る

新型シビックタイプRのシャシー

新型で大きく改良されたのはシャシーです。
駆動方式こそFFのままですが、専用のスプリング・ダンパー・ブッシュ類が与えられ、ロワーアームやステアリングナックルはアルミ製に変更されています。

この新しい「デュアルアクスルフロントサスペンション」によって、トルクステアの軽減とコーナリングスピードの向上が達成されました。

フロントのアダプティブ・サスペンションも、新たにスリー・チャンバーのダンパーに変更されています。

可変ギア比の電動パワステもリチューンされました。
デフはヘリカルLSDです。

タイヤはコンチネンタルのコンチ・スポーツコンタクト6で、サイズは245/30R20となります。
ブレーキはブレンボの4ポットキャリパーで、ディスクローターはフロント350φ、リア305φです。

ボディは捻り剛性で38%、曲げ剛性45%も強化されています。
車体接合部全体への構造用接着剤を塗布や、超高強度鋼を車体の14%に使用するなどして、剛性をアップさせたそうです。

軽量化にも抜かりはなく、ボンネットはアルミ製で、先代タイプRに対し16kg軽量化されています。
剛性アップと軽量化を両立するという、大変な仕事をホンダはやってのけたわけです。

運転モードは「コンフォート」「スポーツ」「+R」の3つ。
ステアリングや6速MTのブリッパー制御、スロットルレスポンス、アダプティブダンパー、VSA(横滑り防止装置)などの振る舞いを変更できます。

目次に戻る

新型シビックタイプRの価格・発売時期

米国での発売は2017年の春、英国では6月を予定しています。
エンジンの生産はアメリカ・オハイオ工場で、組み立てはイギリス・スウィンドン工場で行われるそうです。
NSXもそうですが、こういったハイパフォーマンスカーが日本で生産されなくなったのは残念ですね。

米国価格は30,000ドル台半ばになるとのことです。
英国価格は32,000ポンド(£1=¥140換算で、448万円)と言われています。
500万円オーバーだった先代よりは、多少安くなるかもしれませんね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

-ホンダの新車情報, 新車情報
-, , ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.