F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年4月29日号) フェラーリ、連勝に向けて視界良好 他

2017/04/30

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • フェラーリ、連勝に向けて視界良好
  • フェルスタッペン、燃圧の異常でストップ
  • ハース、ブレーキ問題を解決できず
  • Fインディア、広告スペースを失い不満

それではご覧ください。

sponsored link

フェラーリ、連勝に向けて視界良好

フェラーリは金曜日に行われたフリー・プラクティス(FP)1でキミ・ライコネンが、FP2・FP3ではセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録し、上々の滑り出しとなりました。
FP2・FP3ではフェラーリ勢が1-2体制を築いているだけでなく、メルセデス勢に対して0.3秒以上のアドバンテージを奪うなど、横綱相撲の感すら漂い始めています。

メルセデス勢はブレーキングをミスして何度もコースアウトするなど、見た目にも苦戦が伝わってくるほどでした。
事前の予想では『路面がスムーズなロシアではメルセデス有利』と言われていただけに、意外な展開となっています。

もっとも、ベッテルはメルセデス勢への警戒を緩めていません。メルセデスエンジンは予選中にエクストラ・ブーストを使えるというのが、公然の秘密となっているからです。

しかしそのことは、予選でメルセデスが敗北したなら、決勝はフェラーリが圧倒的に有利ということの裏返しでもあります。
ベッテルはこれまで2勝を上げていますが、オーストラリアでは2番グリッドから、バーレーンでは3番グリッドからスタートしての勝利であり、予選ではメルセデスの後塵を拝していたのです。

もしフェラーリ勢がフロントロウを独占したなら、メルセデスがレースで勝つ可能性は限りなく低くなります。予選の結果に要注目です。

Source: Ferrari display clear advantage in Sochi FP2 | f1technical.net

目次に戻る

フェルスタッペン、燃圧の異常でストップ

前戦バーレーンでは、自分のミスでクラッシュを喫したため、ロシアGPでの汚名返上を狙うマックス・フェルスタッペンですが、FP2で燃圧に異常が発生し、出鼻をくじかれてしまいました。

「この問題のせいで、予定よりも早く止まらなきゃいけなかった」とフェルスタッペン。「ロングランを邪魔されたね」

「幸運なことに、ダニエルが(ロングランを)やってくれたので、少なくとも日曜日に見るべきデータは手に入った」

しかしフェルスタッペンの失望は、トラブルだけではありません。フェラーリより1.5秒も遅かったことも、彼をガッカリさせています。

「このトラックは僕たちのお気に入りじゃないよ。僕たちはここに来るまでに、タフな週末になるとわかっていたんだ」

「長いストレートのせいで、メルセデスとフェラーリからのギャップが大きくなっている。僕たちはストレートだけでなくコーナーもトリッキーにする、パワーとダウンフォースを恨んでいるよ」

予選の目標は5・6番手が現実的だと語るフェルスタッペン。レッドブルの巻き返しはいつになるのでしょうか。

Source: Verstappen on the back foot after fuel pressure issue | en.f1i.com

目次に戻る

ハース、ブレーキ問題を解決できず

ブレンボ製ブレーキのフィーリングに悩まされてきたハース。とくにロマン・グロージャンは、1年以上に渡って苦しんできました。

ロシアGP前に行われたバーレーンでのテストでは、カーボン・インダストリー製のブレーキを試し、好感触を得たと言われていました。
そのためFP1・2でもカーボン・インダストリーのブレーキを使用したのですが、ソチではその評価が一変し、グロージャンは「ロングランでブレーキに問題がある」と、不満を露わにしています。

映像でも、ハースのマシンがブレーキングする際に舞い上がるカーボンダストの量が尋常ではなく、見ているこちらが「壊れているんじゃないか?」とハラハラするほどでした。

ハースのテクニカル・ディレクターであるギュンター・シュタイナー氏は、データを検討した上で、新しいブレーキを今後も使うかどうかを決めるとしています。
彼は今回発生した問題を、新しいブレーキについての理解不足ゆえと考えているようで、データを見て解決策を見つけ出そうとしているようです。

追記

ハースはブレンボのブレーキに戻す決断を下したようです。

Source: Brake issues remain for Grosjean despite new supplier | en.f1i.com

目次に戻る

Fインディア、広告スペースを失い不満

先日パリで開催されたF1ストラテジーグループの会合において、ドライバーの名前とカーナンバーを、車体により大きく表示すべきとの決定が下されました。観客が識別しやすいようにという配慮からです。

しかしフォース・インディアは、この決定を批判しています。拡大された名前とカーナンバーの表示スペースが、広告スペースを奪うためです。

フォース・インディアによると、FIAの指定したサイズには、600万ドルの広告価値があるのだとか。なので名前を車体のフロア付近に表示すること提案していますが、広告価値の無い場所=見えづらい箇所なわけですから、それでは本末転倒です。フォース・インディアの提案が受け入れられることはないでしょう。

Source: Force India unhappy with new space devoted to driver's name | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年4月28日号)| 車知楽

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年4月30日号)| 車知楽

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る