Jaguarの新車情報 新車情報

ジャガーXFスポーツブレーク 万人におすすめできる、かっこいいステーションワゴン

2017/07/14

ジャガーXFスポーツブレークを発表しました。ステーションワゴン版のXFですね。

ステーションワゴンというと積載性一辺倒な感じがありますが、XFスポーツブレークは最大1700リッターというラゲッジスペース容量を確保しながらも、前後重量配分50:50を実現しており、しかも後輪駆動です。
ルックス・走り・積載性の全てを高い次元で両立させた、非常に完成度の高いステーションワゴンと言えます。

ではXFスポーツブレークの概要を、画像と併せて見ていきましょう。

sponsored link

エクステリア

最近のジャガーらしいスリークなデザイン。
ノーズの長さが目を引く。全長4955mm、ホイールベース2960mmと、車体はかなり長め。
ステーションワゴンなのにスタイリッシュ。Cd値も0.29と優秀だ。
軽やかにすら見えるリア周りのデザインは流石の一言。
リアサスにはセルフレベリングが装備されており、多くの荷物を積んでもサスが沈み込まない。

目次に戻る

インテリア

上質な内装は、ドイツ車とは異なる趣を持つ。
10インチのタッチプロ・インフォテイメントを搭載。
ヘッドアップディスプレイや、ドライバーの眠気検知システムも装備されている。
前席は比較的囲まれ感が強い。
シートも上質そのもの。
後席の広さにはかなりの余裕がある。
パノラミックルーフは開放感抜群。

シートアレンジ

ラゲッジ容量は565〜1700リッター。パワーテールゲートも装備されている。
様々なオプションと合わせて荷室を活用できる。

目次に戻る

エンジン

ヨーロッパ仕様のローンチ時点におけるエンジンラインナップは以下のとおりです。

燃料排気量(L)形式馬力(ps)
ディーゼル2.0直4163
180
240
3.0V6300
ガソリン2.0直4250
3.0V6380

163ps仕様にはマニュアル・トランスミッションが用意されていますが、他はZF製の8速オートマチックのみです。

163ps仕様の2.0リッター・ディーゼルでも、0-100km/h加速を8.6秒でこなします。
車重が1660kgと比較的軽いためでしょう。
ステーションワゴンの運動性能としては十分ですね。

ちなみに、スーパーチャージャーを装着したV6・380ps仕様(4WD)の0-100km/h加速は、5.5秒です。
この速さには、そこらのスポーツカーでは太刀打ちできませんね。

目次に戻る

価格・発売時期

本国イギリスでは、「Pure」「Prestige」「Portfolio」「R-Sport」「S」というグレード構成となります。
開始価格は34,910ポンド、1ポンド=140円換算だと、およそ488.7万円ですね。

ヨーロッパではすでに予約が開始されていますが、日本での予約・発売がいつになるかは不明です。
BMW・5シリーズツーリングなどは街でよく見かけますから、ラグジュアリーなステーションワゴンは日本でも一定の需要があると思います。
ぜひ日本でも発売してもらいたいですね。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: Jaguarの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る