F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年6月30日号)ホンダのスペック3エンジンは30馬力アップ 他

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ホンダのスペック3エンジンは30馬力アップ
  • フェラーリ、イギリスGPでエンジンをアップグレード
  • リカルド「セブは時々考えずに行動する」

それではご覧ください。

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月29日号)FIAがベッテルに制裁か 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年7月1日号)新ルノーエンジンは0.2秒も速くなった 他

sponsored link


ホンダのスペック3エンジンは30馬力アップ

マクラーレン・ホンダは、アゼルバイジャンGPでようやく今季初入賞を果たしましたが、それは最新の「スペック3」で達成されたものではありませんでした。
「スペック3」はフリー走行でテストされたものの、レースへの投入は次戦オーストリアGPに先送りされたのです。

ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏によると、「スペック3」は30馬力アップということですから、もしバクーで実戦投入されていれば、より多くのポイントを獲得できていた可能性が高いです。

しかしそれでも他メーカーのエンジンとは格差があると、長谷川氏は語っています。

Source: Hasegawa: 'Honda will be stronger in 2018' | en.f1i.com

目次に戻る

フェラーリ、イギリスGPでエンジンをアップグレード

フェラーリはシルバーストンでエンジンのアップグレードを行う予定です。
最新バージョンのパワーユニットは、わずかながらパワーが向上し、高速サーキットのシルバーストンにおいて、メルセデスとの戦いを幾分楽にしてくれることでしょう。

パワーアップの他に、FIAが改めて禁止を通達した「オイル・アズ・フューエル(オイルを燃料として使う技術)」規制への対応も、アップグレードに含まれると見られています。

フェラーリエンジンで心配なのは、信頼性ですね。
アゼルバイジャンでは、予選前にベッテルのエンジンからクーラントのリークが発生し、シーズンで3番目のエンジンに交換しています。
パワーユニットの各コンポーネント(ICE、ターボ、エナジーストア、MGU-H、MGU-K、コントロール・エレクトロニクス)は年間4基までと決められているため、フェラーリはあまり余裕が無い状態です。

Source: Ferrari to go all out at British GP | en.f1i.com

目次に戻る

リカルド「セブは時々考えずに行動する」

バクーで発生したセバスチャン・ベッテルルイス・ハミルトンの衝突について、レッドブルのダニエル・リカルドは、ベッテルに非があると考えているようです。
リカルドはかつて、ベッテルのチームメイトでした。

「私はセブの大きな勇気と、このスポーツに対する愛情を尊敬しています」と語るリカルド。「しかし多くの情熱が、時には攻撃性に変わることもある」

「セブは多分、考えずに行動することがあります。おそらく情熱とハングリー精神によって引き起こされることで、たまにはフタをする必要があるでしょう」

「ターン15を出た直後にリスタートすることはありません。おそらくセブはちょっと興奮しすぎていたのでしょうね」

セーフティ・カーを追い抜いてよいというラインは、ターン16出口に設定されていました。

Source: Ricciardo: 'Seb sometimes doesn't think before he acts! | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月29日号)FIAがベッテルに制裁か 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年7月1日号)新ルノーエンジンは0.2秒も速くなった 他

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.