BMWの新車情報 新車情報

MINIエレクトリックコンセプト発表! EVでもゴーカートフィーリングと楽しいデザインは健在!

更新日:

親しみのあるデザインとゴーカートフィーリングで人気のMINIが、電気自動車(EV)のコンセプトを発表しました。

今回は見るからに楽しげなMINIエレクトリック・コンセプトの詳細をチェックしていきたいと思います。

sponsored link


MINIエレクトリック・コンセプトのエクステリア

六角形グリルとイエローのアクセントが目立つ。
「Eバッジ」を模したヘッドライト。張り出したリップスポイラーは大迫力だ。
エアインテークの凹み部分は、3Dプリンターで製作されている。
ルーフのグラデーションが面白い。
サイドステップもかなりアグレッシブなデザイン。
ホイールのインレー(はめ込まれている部分)も、3Dプリンターによるもの。
真っ直ぐなルーフラインと並行なウエストラインは、今やMINIの象徴だ。
グラスファイバー製のリアディフューザー。当然マフラーは無い。
ユニオンジャックをモチーフにしたテールランプがおしゃれ。

ヘッドライトは同社のEVに付けられる「Eバッジ」を模したものです。
Eバッジはフロントグリルや充電プラグをつなぐハッチ部分など、至る所に隠されています。
テールランプはユニオンジャックがモチーフです。

ウエストラインと並行する直線的なルーフラインは、いかにもMINIですね。

空力にも配慮されており、フロントフェンダーやサイドステップにはディフレクター、リアバンパー下部にはグラスファイバー製のディフューザーが装着されています。

ちなみにホイールのエア・インレーと、フロントのエアインテークの凹み部分は、3Dプリンターで製作されているそうです。

目次に戻る

MINIエレクトリック・コンセプトのパワートレイン

市販バージョンのMINIエレクトリックには、BMW i3のパワートレインを流用する可能性が高いと言われています。

しかしEVとなっても、MINIのスポーティーさは健在です。
0-100km/h加速は7.5秒になるとBMWは主張しています。
BMWはこのパワートレインと「精密にチューニングされたサスペンション」によって、EVでもゴーカートフィーリングを実現するとのことです。

航続距離は304kmと言われていますが、おそらく欧州NEDC基準の数値なので、実際はi3と同じくらい──200km前後──になるはずです。

DC急速充電も使用可能になるとのことですから、充電時間はかなり短くなるでしょう。

目次に戻る

MINIエレクトリックの価格・発売時期

市販バージョンのMINIエレクトリックは、2019年に発売される予定です。

価格はまだ判明していません。
しかしテスラ・モデル3が35,000ドルから購入可能であることを考えると、MINIもそのくらいの価格にしなければ競争力を発揮できないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-BMWの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.