F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年10月7日)日本GP 予選結果

2017/10/08

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • 日本GP 予選結果
  • ライコネン、ボッタスらがグリッド降格
  • マクラーレン、アロンソの契約延長に自信

それではご覧ください。

sponsored link

日本GP 予選結果

順位車番ドライバーチームセッションタイム
144L.ハミルトンメルセデスQ31:27.319
277V.ボッタスメルセデス1:27.651
35S.ベッテルフェラーリ1:27.791
43D.リカルドレッドブル1:28.306
533M.フェルスタッペンレッドブル1:28.332
67K.ライコネンフェラーリ1:28.498
731E.オコンF.インディア1:29.111
811S.ペレスFインディア1:29.260
919F.マッサウィリアムズ1:29.480
1014F.アロンソマクラーレン1:30.687
112S.バンドーンマクラーレンQ21:29.778
1227N.ヒュルケンベルグルノー1:29.879
1320K.マグヌッセンハース1:29.972
1430J.パーマールノー1:30.022
1555C.サインツトロロッソ1:30.413
168R.グロージャンハースQ11:30.849
1726P.ガスリートロロッソ1:31.317
1818L.ストロールウィリアムズ1:31.409
199M.エリクソンザウバー1:31.597
2094P.ウェーレインザウバー1:31.885

メルセデスルイス・ハミルトンが、ポール・ポジションを獲得しました。
ハミルトンにとって、鈴鹿でのポール・ポジションは初めてのことです。

フェラーリが優勢と見られていた事前の予想に反し、予選ではメルセデスの速さが際立っていました。
雨によって路面のラバーが流れ落ちたこと、気温が低かったことなどが、メルセデス好調の要因かもしれません。

しかし明日の決勝は快晴が見込まれ、気温も26℃程度まで上がるとのことですから、決勝の展開は、予選とは異なるものになるでしょう。

目次に戻る

ライコネン、ボッタスらがグリッド降格

フェラーリキミ・ライコネンはFP3において、デグナーの2つ目でコースアウトし、タイヤバリアにクラッシュしました。
大した損傷は無さそうに見えたのですが、ギアボックスにダメージが及んでおり、予選を前に交換を余儀なくされてしまいます。

これによりライコネンは予選順位から5グリッドの降格が決定。
また、バルテリ・ボッタス(メルセデス)もギアボックスを交換したため、5グリッドの降格です。

他にもエンジンエレメント(MGU-Hやターボなどの各コンポーネント)の交換によるペナルティが続出しています。
ジョリオン・パーマー(ルノー)カルロス・サインツ(トロロッソ)は20グリッド降格、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)にいたっては35グリッドの降格となってしまいました。

Source: Raikkonen joins the Suzuka grid penalty club! | en.f1i.com

目次に戻る

マクラーレン、アロンソの契約延長に自信

マクラーレンエリック・ブーリエは、フェルナンド・アロンソが契約を延長してくれると考えているようです。

「正直言って、何か特別な困難があるとは思っていない」とブーリエ。「契約の詳細についてはすでに議論しているし、両者ともに継続する意思があるため、同意に至ることができると思う」

ただしブーリエは、現在FIA-F3でランキングトップ(あと3ポイント取ればタイトル確定という状況)を快走しているランド・ノリスが、F1にステップアップする可能性もあると認めています。
ストフェル・バンドーンも好調ですし、もしアロンソと契約できなくても、来季ドライバーラインナップに不安は無さそうです。

Source: McLaren still on course to re-sign Alonso | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月6日号)日本GP FP1・FP2の結果

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月8日号)日本GP決勝結果

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る