F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年10月18日)マクラーレン「ルノー変更でレッドブルと比較できる」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • マクラーレン「ルノー変更でレッドブルと比較できる」
  • ルカ・マルモリーニがアストンマーチンに加入
  • ピレリによるCOTAの解説

それではご覧ください。

sponsored link


マクラーレン「ルノー変更でレッドブルと比較できる」

マクラーレンの大株主であるマンスール・オジェは、来季からのルノーとのエンジン契約によって、レッドブルやワークスルノーとの比較できるため、マクラーレンにとって良いベンチマークとなると考えているようです。

「この道を行くのは、異なるモチベーションだ」とオジェ。

「自分自身と比較するベンチマークがあるため、望むならば、よりチャレンジングになる」

「このベンチマークに挑戦したい、あるいはそのベンチマークを上回りたいとすれば、われわれはそれが正しいことを確認しなければならない。われわれはその新しい挑戦に取り組むのを楽しみしている」

逆に言うと、マクラーレンのシャシー性能がどの程度のものなのか衆目に晒されてしまうわけですから、ルノーエンジンへのスイッチは、かなりのリスクをはらんだものと言えます。

また、最近は「レッドブルに追いつくまで時間がかかるかも……」とエリック・ブーリエがコメントするなど、マクラーレン側の発言も若干トーンダウンしていますし、ちょっと心配です。
ルノー勢で最下位になったらどうするんでしょうね。

Renault deal provides McLaren with chassis benchmark - Ojjeh | en.f1i.com

目次に戻る

ルカ・マルモリーニがアストンマーチンに加入

ルカ・マルモリーニは、フェラーリ(90〜99年)と、トヨタ(09〜14年)で、エンジンの開発に従事していました。

そのマルモリーニが、アストンマーチンで働くことになりました。
彼はコンサルタントとして、2021年からのパワーユニットのオプション(選択)を評価する仕事に就くようです。

アストンマーチンはF1参入の是非を、真剣に検討しているようですね。
あとはF1側が魅力的なエンジンレギュレーションを導入するだけです。

Source: Marmorini a consultant to Aston Martin | pitpass.com

目次に戻る

ピレリによるCOTAの解説

ピレリサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)のサーキット・インフォメーションを公開しました。

COTAは2012年9月に完成したサーキットですが、意外とアスファルトのグリップが低いようです。
タイヤに対するストレスや摩擦も、鈴鹿ほどではありません。

ピレリは今回、COTAに初めてウルトラソフトを持ち込みます。
また、乳がん撲滅運動であるピンクリボンキャンペーンとのコラボにより、ウルトラソフトはタイヤウォールのカラーリングがピンク色になります。

ピレリのマリオ・イゾラによると、意外とソフトタイヤ(今回のCOTAでは1番固いタイヤ)のパフォーマンスが良いのではないかということです。
ソフトを上手く使いこなすタイヤ戦略が、勝利の鍵になるかもしれません。

Source: Renault to be less conservative with engines in 2018 | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月17日号)バトン、インディカー、FE、ル・マン参戦を否定

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月19日号)ルノーは来季のマクラーレンを恐れていない

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.