F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年2月11日) WECボス、日本ラウンドの日程変更について弁解

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • WECボス、日本ラウンドの日程変更について弁解
  • FIAとインディカー、ウィンドスクリーンで協力
  • レッドブル「2018年の準備はすでにできている」

それではご覧ください。

sponsored link


WECボス、日本ラウンドの日程変更について弁解

出典: autosport.com

F1と日程がバッティングするフェルナンド・アロンソのために、WEC日本ラウンドの日程を1週間繰り上げたことについては、ジェンソン・バトンにも批判されているWEC(世界耐久選手権)ですが、WECのCEOであるジェラール・ヌヴーが、この決定について弁解しています。

「われわれはチャンピオンシップの利益を保護するため、常に努力している」とヌヴー。「そのことをわれわれはまず最初に考慮した」

「われわれのパドックにフェルナンド・アロンソのような人がいて、トヨタでレースをしているのに、彼が乗らずに車だけ日本へ行くのはどうだろう?」

「日本のファンのためでもあるし、トヨタがやっていることに対するリスペクトでもある。そしてチャンピオンシップをより良くするため……アロンソは世界選手権で勝つために出場するのだから、レースを逃すことはできない」

「論理的な帰結だし、日本のファンに尋ねれば、彼らはハッピーだと答えるだろう」

なんだか日本を弾除けに使われているみたいで癪に障りますね……。頼んだ覚えが無いのですけど。

では日程変更により、今度はWECとIMSA(プチル・マン)がバッティングしてしまった問題について、ヌヴーはどう考えているのでしょう?

「(IMSAとのバッティングが)問題を引き起こすと理解している。私が希望している──切に願っている──のは、IMSAも日程変更する方法を見つけて欲しいということだ。なぜならわれわれは以前にそうしたことがあるし、それが可能だったからだ」

「われわれは彼らとのパートナーシップがあり、日程の変更は非常に難しいことを知っているが、われわれは解決策にトライするだろう。困難な挑戦ではあるが」

自分たちも日程を変えたのだからお前らも変えろというのは、あまりにも傲慢すぎると思います。
第一それならまずIMSA側の了解を取り付けてから、WECの日程変更を発表するのが筋でしょう。
これだと例えトヨタが主導したことではなくても、イメージが悪くなってしまうと思うのですが……。

Source: Neveu: WEC Took “Biggest Interests” in Mind for Fuji Date Change | sportscar365.com

目次に戻る

FIAとインディカー、ウィンドスクリーンで協力

先日インディカーがテストしたウィンドスクリーンは、F1が今年から導入するHaloよりも圧倒的にかっこいいため、ネット上でも好意的な意見が多いです。
F1にも同じものを導入できないのでしょうか?

FIAによると、安全性については他のモータースポーツ関係者と緊密に協力し合っており、定期的にコミュニケーションを取っているため、数週間もあればインディカーに追いつくことができるそうです。

しかしウィンドスクリーンがF1に導入されるかどうかはわかりません。
ウィンドスクリーンとHaloでは、安全基準が異なるのだそうです。

ちなみにF1が昨年試していたウィンドスクリーン型の頭部保護デバイスである「Shield」は、Haloよりも保護レベルが低下していたのだとか。
ウィンドスクリーンは見栄えが良く、空力的な悪影響もほぼ無いという利点があるものの、全てにおいてHaloに勝っているというわけではなさそうです。

Source : FIA working 'very closely' with IndyCar on windscreen | racer.com

目次に戻る

レッドブル「2018年の準備はすでにできている」

昨年はプレシーズンテストの段階から空力や信頼性の問題で躓いたレッドブルですが、今シーズンは万全を期しています。

「われわれは2018年のための準備ができている」と語るのは、レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコです。

「過去数年間はシーズン当初に技術的な問題があったが、今年は計画通りに進んでいる」

「私は最初のテストから競争力があると確信しており、2017年後半戦のような良いシリーズを続けるだろう」

ルノーエンジンのパワーと信頼性だけが懸念材料ですが、シャシーに関してはおそらくグランプリ随一のものを仕上げてくるでしょう。
フェラーリとともに、今年こそメルセデスの連覇を止めてもらいたいものです。

Source : Helmut Marko adamant Red Bull Racing is 'ready' | en.f1i.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.