F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年2月17日) ボッタス、ハミルトン打倒に自信

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ボッタス、ハミルトン打倒に自信
  • ハース「フェラーリから0.5秒以内に」
  • パディ・ロウがシロトキンと契約した理由を説明

それではご覧ください。


ボッタス、ハミルトン打倒に自信

昨年は中盤戦で不振に陥り、ドライバーズランキング3位でシーズンを終えることとなったバルテリ・ボッタスですが、今シーズンはルイス・ハミルトン打倒に自信を覗かせています。

「確かに彼はF1で最高のドライバーのひとりだ」と、ボッタスはハミルトンの実力を認めます。「すでに4度のワールドチャンピオンだ。しかし私は彼を倒せることを昨年何度か証明した」

「一年を通じて良好なパフォーマンスを維持できるかどうかは私次第だ。0.2秒か何かを失うような週末は知らない」

「私はどんな条件でも──あらゆるトラック、あらゆる気温、あらゆる路面で──私はそこにいる必要がある」

しかしニコ・ロズベルグのように、ハミルトンと露骨に対立するようなつもりはないようです。

「通常、私のスタイルは他人を混乱させることではない。私は自分のパフォーマンスに集中し、自分自身とチームを最大限に活用する。自分のやることを変えるつもりはないし、一戦目から一貫して力を発揮すれば、トラック上でハミルトンに挑めると思っている」
「しかし正直なところ、何かが変わっても、チームで彼とともに仕事できない理由は見当たらない」

ボッタスがハミルトンに匹敵するスピードを持っているのは間違いありません。
問題は彼がそれを安定して発揮できなかったことです。
今年ハミルトンに対抗できるかどうかは、彼がマシンの特性を理解し、あらゆる場面でパフォーマンスを引き出せるかどうかにかかっています。

Source: Why Valtteri Bottas is convinced he can beat Lewis Hamilton in 2018 | espn.co.uk

目次に戻る

ハース「フェラーリから0.5秒以内に」

チーム初年度は順調な船出だったものの、2年目の昨年は一年を通じてトラブルやセッティングに悩まされたハースF1チーム
今年を飛躍の年とすべく、徹底的にチームの弱点を洗い出し、対策を取ってきたようです。

フェラーリの装備を使用することは秘密ではないので、ベースラインとして使用している」と語るのは、オーナーのジーン・ハースです。

「私たちが競争力を持つには、フェラーリから0.5秒以内につける必要がある。昨年はそうならなかった。フェラーリよりも1秒から1.5秒遅かった」

「予選ポールポジションからは2秒ほど遅れていたので、本当に競争力を求めるのならば、1秒は削らなければならない」

「弱いとが分かっていた場所では、多くの変数を取り除いた。われわれはどこに集中すべきかを知っていた。われわれは大多数のレースにおいて、コース上で車を速く走れるようにする必要がある」

「われわれは車が一貫性を持ち、トップの車とのギャップを埋めるためには何をすべきかということに焦点を絞っている」

今年からアルファロメオ・ザウバーというフェラーリのジュニアチームが走りますから、フェラーリがハースをこれまでのように優遇するとは思えません。
フェラーリの0.5秒以内に接近するのは、現実的にはかなり難しいでしょう。

Source : We need to be within half a second of Ferrari - Haas | formula1.com

目次に戻る

パディ・ロウがシロトキンと契約した理由を説明

セルゲイ・シロトキンの持参金目当てに契約したのではないかと批判されているウィリアムズですが、同チームの最高技術責任者であるパディ・ロウは、シロトキンの選考プロセスは「徹底的なものだった」と反論しています。

「セルゲイは、彼のドライビングにメリットを見出されたために選ばれただけだ」とロウ。「選考チームは持参金について何も知らず、それに関与しておらず、そのような要因を認識していなかった」

「セルゲイはSMPレーシングのレーシングプログラムが輩出した。これはドライバーアカデミーの一種であり、ロシア、東ヨーロッパ、スカンジナビアを網羅し、それらの地域すべてからドライバーを引き抜いている」

「彼らには1500人ものドライバー候補がおり、幼いころからカートを始めている。偉大なプログラムであり、レッドブルよりも遥かに大きく、よく知られている」

SMPレーシングの支援を受けているということ自体が、SMP銀行の巨大資金がその背後にあるということと同義なわけですから、ウィリアムズの選考チームが、持参金について全く知らなかったというのは無理があると思います。

Source : Williams chose Sirotkin “simply on merit” – Lowe | racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.