Aston Martinの新車情報 新車情報

アストンマーチンの新型SUV その名は「ヴァレカイ」

更新日:

上の画像はDBXコンセプト

アストンマーチン初のSUVの名前はヴァレカイとなることが判明しました。
コンセプトではDBXと呼ばれていたモデルです。

今回はアストンマーチン・ヴァレカイについて、現時点でわかっている最新情報をお伝えします。

sponsored link


ヴァレカイの概要

名前の由来

シルク・ドゥ・ソレイユの公演名にも使われている「ヴァレカイ」という言葉はロマ語に由来し、wherever、つまり「どこへでも」を意味します。
SUVらしい名前といえるでしょう。

目次に戻る

エクステリア

コンセプトモデルのDBXに近いデザインになると考えられています。

Autocarによる予想CG

Autocarによる予想CG

ただしドアの枚数は2枚から4枚に増やされ、ルーフも高くなるそうです。

DBXはクーペ的なデザインで2ドアだった。

目次に戻る

ラゴンダの新型SUV

アストンマーチンの所有するラゴンダブランドは、ヴァレカイとプラットフォームを共有する電動SUVを計画中です。
こちらは先日のジュネーブモーターショーで発表されたラゴンダ・ヴィジョン・コンセプトのデザインがベースになると言われています。

AutoExpressによる予想CG

目次に戻る

パワートレイン

コンセプトの段階ではEVのみとなる予定でしたが、市販バージョンのヴァレカイには、多様なパワートレインが用意されます。

まずはアストンマーチンの象徴である5.2リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンです。
このエンジンは608ps・700Nmを発生します。

AMG製の4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボも、ヴァレカイに搭載されるでしょう。
こちらは510ps・675Nmとなります。

また、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングと提携して開発中の電動パワートレインも採用される予定です。
このバッテリーEV(BEV)仕様のヴァレカイが、おそらくラゴンダの新型SUVのベースとなるはずです。

最もハイパワーなのは、ハイブリッド仕様のヴァレカイです。
ハイパーカーのヴァルキリーか、もしくは4ドアバージョンのAMG GTに使われている技術を利用し、800psオーバーの最高出力を実現すると見られています。

ちなみにプラグインハイブリッドや、ディーゼルは用意されません

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-Aston Martinの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.