F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年5月11日) マクラーレンMCL33の新しいノーズ

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • マクラーレンMCL33の新しいノーズ
  • フェラーリがHaloにマウントするミラーをテスト
  • マイアミ市がF1開催にゴーサイン

それではご覧ください。

sponsored link


マクラーレンMCL33の新しいノーズ

マクラーレンの新型ノーズが明らかになりました。

新しいノーズは、先端に並ぶ3つの通気孔と、フロントサスペンションまで伸びるスリットのような垂直フィン、そしてノーズ側面にあるヒレのような水平翼が特徴です。

フロントのオンボードカメラハウジングは、垂直フィンを避けるように外側にマウントされています。
垂直フィンの分を除くと、ノーズの幅自体もメルセデスのように細身になっているようです。

マクラーレンは最高速の伸びを欠いているため、マシンのドラッグが大きいのではないかと言われています。
新型ノーズで弱点を克服できるのでしょうか。

Source :McLaren reveals radical new nose for MCL33 | racefans.net

目次に戻る

フェラーリがHaloにマウントするミラーをテスト

かねてからの噂のとおり、フェラーリはHaloにミラーをマウントしてきました。

リアウイングが低くなってからというもの、古典的な取り付け位置にあるミラーでは、後方の視界が確保できないという問題があったのですが、Haloにマウントすることで視界を幾分改善できるようです。

ミラー装着位置の変更は、空力面を改善するチャンスでもあります。
フェラーリはミラーの上にウイングレットを装着してきました。
これにより、リアウイングとインテークへの気流が改善されると期待されています。

ミラー周りの空力が多少良くなったとしても、タイムの向上は小幅にとどまるでしょう。
しかしその僅かな差の積み重ねが競争力の差になるわけですから、フェラーリ以外のチームも、いずれHaloにミラーをマウントしてくるはずです。

Source: Ferrari to trial halo-mounted wing mirrors in Spain | en.f1i.com

目次に戻る

マイアミ市がF1開催にゴーサイン

ダウンタウンにストリートコースを設置してF1を誘致しようとしているアメリカ・フロリダ州のマイアミ市が、F1開催に向けて正式に動き始めました。
マイアミ市とマイアミ・デイド郡の経済開発および観光委員会において投票が行われ、全会一致で予備的な承認を得たそうです。

コースの候補地としては、NBAチーム「マイアミ・ヒート」の本拠地であるアメリカン・エアラインズ・アリーナ周辺を含む、約4.18kmの海岸沿いの道路が有力です。

しかしレイアウトを見るかぎり、オーバーテイクポイントは1ヶ所しかありません。
そのためルイス・ハミルトンは難色を示しています。
とはいえストリートコースなんて何処でやってもこんな感じのレイアウトになりますから、諦めるしかないでしょう。
街中の道路は基本的に碁盤の目のように整備されているため、低速の直角コーナーばかりになってしまうのは仕方がないのです。

Source: City officials give Miami F1 race the green light | pitpass.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.