Ferrariの新車情報 新車情報

フェラーリ SP38 新しいビスポークは308GTBとF40のオマージュ

投稿日:

フェラーリの新しいビスポークの存在が明らかになりました。
フェラーリ・SP38は、488GTBをベースにワンオフで製作されたフェラーリで、かつての名車308GTBや、F40のデザインの一部を取り入れた車となっています。

今回はフェラーリ・SP38の概要と画像をご覧ください。


フェラーリ・SP38の概要

SP38のフロントエンドは、308GTBにインスパイアされています。
ヘッドライトのデザイン変更に伴い、デイタイムランニングライトはバンパー側に移設されました。

SP38


308GTB

By No machine-readable author provided. Sfoskett~commonswiki assumed (based on copyright claims). [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

リアウイングはF40のように、リアフェンダーの峰とつながった形状になっています。

SP38


F40


488GTBではエンジンルームを見せるためにガラスだった部分も、SP38ではルーバーを備えたエンジンフードに置き換わっています。
2本のテールパイプもより高い位置に移動されたようです。
丸2灯のテールライトも、やはりF40のオマージュでしょう。

ボディカラーにもこだわっています。
SP38のレッドは、遠くからでも目立つ新しい3層仕上げです。
たしかに深みが感じられる赤ですよね。

エンジンなど車の中身に変更はありません。
とはいえ488GTBはノーマルで670psを発生するスーパー・スポーツですから、大抵の人は改造する必要性を感じないでしょう。

車の改造範囲は再公認の必要の無いパーツに限定されているそうです。
時間とコストを節約するためなのだとか。
このようなビスポークは完成までに平均18ヶ月もかかるそうなので、それも当然といえます。

この車のオーナーが誰なのかは明らかになっていませんが、5月26日から開催されるConcorso d’Eleganza Villa d’Esteにおいて展示される予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Ferrariの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.