F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年5月24日)サインツ「モナコ予選はヤバいことになる」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • サインツ「モナコ予選はヤバいことになる」
  • グロージャンがシートを失う?
  • FIA会長「ハイブリッドはファンが期待したものではない」

それではご覧ください。


サインツ「モナコ予選はヤバいことになる」

ルノーカルロス・サインツは、モナコGP予選のペースを警戒しています。
今年から新たに導入されたハイパーソフトタイヤのせいで、あまりにも速くなりすぎるのではないかと言うのです。

「それ(ハイパーソフト)は、かなり印象的なタイヤだと言わざるをえない」とサインツ。

「簡単に0.2秒のラップタイムを与えてくれるんだ。バルセロナの最終セクターでは普通、タイヤが限界に達するのにね」

「モナコではこのタイヤは特別なものかもしれない。もしそうだとすれば、非常に速いラップタイムを目の当たりにするだろう。僕は再びモナコのラップレコードを目にする準備ができてるよ」

「(モナコの予選は)ヤバいことになるだろうね。狂気の沙汰だよ」

「すでに昨年の段階で、新しい(レギュレーションの)車は信じられないほどの速さだった。今年はそれに加えて2段階柔らかいコンパウンドと、長年のピレリの中でも僕にとってベストなタイヤがある。クレイジーだよ」

モンテカルロ市街地コースでのオーバーテイクはほぼ不可能ですから、予選が何よりも重要になります。
高速化したモナコGP予選は、決勝よりも見どころが多いかもしれません。

Source: Sainz predicts Monaco qualifying will be 'absolute madness' | en.f1i.com

目次に戻る

グロージャンがシートを失う?

ここのところやらかしてばかりのロマン・グロージャンに、シート喪失の噂が出始めています。
たとえシーズン中の交代は無くとも、このままなら来季のシート獲得は難しいでしょう。

「われわれはそれ(シートの件)について話していない」と語るのは、ハースを率いるギュンター・シュタイナーです。

「誰かが悪いレースを2戦し、ノーポイントであっても、噂を始めたり何かをし始める必要はない」

「われわれがしなければならないのは、ロマンが競争できる場所に戻すことだけだ。われわれはそのことを皆知っている」

「彼は悪いレースを2戦したが、非常に有能な男だ。私は誰かがひざまずいているのに、それを蹴り飛ばすような人間ではない。それはずるい」

「彼はバクーやバルセロナの再現を他でしてはいけないということを、われわれ全員よりもよく知っている」

「われわれはわれわれのできることを知っている。彼がモンテカルロでどれほど優れているか、どのようにできるのかを知っている。われわれはそこから焦点を当てている」

グロージャンを庇っているように見えるシュタイナーのコメントですが、モナコで結果を出すようにと、プレッシャーもキッチリかけていますね。
噂を封じ込めるには、やはり結果を出す以外にありません。

Source: Grosjean’s seat not in jeopardy following crashes – Steiner | racefans.net

目次に戻る

FIA会長「ハイブリッドはファンが期待したものではない」

ジャン・トッド

出典: marca.com

2021年からの新しいエンジンレギュレーションでは、高価なMGU-Hが撤廃されると見られています。
パワーユニットをシンプルにし、自動車メーカーの新規参入を促すだけでなく、トラック上での競争を取り戻すためです。
2014〜2017年までの4年間は、結局メルセデスの独擅場でした。

「私たちは、既存のレギュレーションから学んだことを(新レギュレーションに)多く取り入れたいと思っています」と語るのは、FIA会長のジャン・トッドです。

「そして、もっと物事をシンプルにしようと思います。それ(MGU-H)はテクノロジーの美しいアートですが、ファンが期待しているものではないとよく耳にしました」

「良いチャンピオンシップのために、必ずしも必要なものではありません。私たちはそこから学び、よりシンプルなものを提案することが重要だと考えています」

しかしトッド会長は、過度な簡略化には反対なのだそうです。

「モータースポーツのために、私は『ショー』が片方にあると常々言ってきましたが、それだけでは十分ではありません。それは実験室でもあるべきです」

「メーカーのための実験室、チームのための実験室。そしてロードカーで利益を上げることができる実験室。そして、それらは実際に起こっていることです」

「それ(MGU-H)が少し早すぎたと思うのなら、少し後ろに下がる準備ができていなければなりません。最終的には、エンジンはMGU-H無しでさらに効率的になると思います」

テクノロジーとショーの両立は、どのモータースポーツでも頭痛の種となります。
テクノロジーを尊重しすぎるとコストがかかりすぎますし、ショーアップばかりではモータースポーツであることの意義が失われてしまうからです。
2021年からのエンジンレギュレーションが、バランスの取れたものになることを期待しましょう。

Source: Hybrid technology in F1 not what the fans expected - Todt | en.f1i.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.