F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年6月7日)メルセデスがPUのアップグレードを延期

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • メルセデスがPUのアップグレードを延期
  • ハートレーの後任はランド・ノリス?
  • ホンダ、カナダで新PU投入すると表明

それではご覧ください。


メルセデスがPUのアップグレードを延期

メルセデスはカナダGPに、パワーユニット(PU)のアップグレードを投入しないようです。
メルセデスのスポークスマンが事情を説明しました。

「今週末にPU2を投入することを希望していたが、品質問題により、(予定から)1レース分遅れている」

「したがって全てのメルセデス勢は、今週末はPU1を走らせて、フランスGPで新しいPUを受け取ることになるだろう」

カナダではメルセデス以外の3メーカーがPUをアップグレードするので、メルセデス勢はやきもきしているかもしれません。

ルイス・ハミルトンはジル・ビルヌーブ・サーキットを非常に得意としている(過去6勝)ドライバーですが、はたしてPUのアップグレード無しでも勝てるのでしょうか。

Source: Mercedes delays engine upgrade | pitpass.com

目次に戻る

ハートレーの後任はランド・ノリス?

ランド・ノリス

トロロッソ内での地位が危うくなっているブレンドン・ハートレーですが、彼に取って代わるドライバーが見当たらないのも事実です。
才能のある若手ドライバーは下位カテゴリーにたくさんいるものの、スーパーライセンスが無かったり、あるいは他の自動車メーカーの育成ドライバーだったりするので、すぐに契約できない事情があります。

そこでトロロッソは、マクラーレンの育成ドライバーであるランド・ノリスに白羽の矢を立てました。
ノリスは今季からFIA F2を走っているドライバーですが、2017年にはFIA ヨーロッパF3、2016年にはフォーミュラ・ルノー2.0でそれぞれチャンピオンになっているため、スーパーライセンスの発給条件(過去3年間でスーパーライセンスポイントを合計40点以上獲得)を既に満たしています。

マクラーレン側はこのオファーを拒否したそうです。
フェルナンド・アロンソが来年も居てくれるとは限らないので、ノリスを手元に残しておきたいのでしょう。

しかし今年10月までにマクラーレンがノリスのレースシートを確約できなければ、ノリスがマクラーレンからフリーになるという情報もあります。
今後のノリスの動向に注目です。

Source : Norris 'flattered' by Toro Rosso interest | f1i.com

目次に戻る

ホンダ、カナダで新PU投入すると表明

かねてからの噂が現実となりました。
ホンダがカナダGPに新しいパワーユニット(PU)を投入すること公表したのです。
新PUは30馬力ものパワーアップを果たすという情報もあります。

改良点は主にICE(Internal Combustion Engineの略。内燃機関のこと)だそうです。
ホンダはこれまでもデプロイメント(回生したエネルギーを使うこと。もしくはその性能)には定評があったので、弱点をカバーするアップデートといえるでしょう。

ジル・ビルヌーブ・サーキットは全開率が60%を超えるという、エンジン頼みのサーキットです。
ルノーもPUのアップデートを持ち込むので、相対的に見て競争力が上がるかどうかはわかりませんが、少しでもパワー差を縮めてもらいたいですね。

Source: カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット プレビュー | ja.hondaracingf1.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.