F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年6月11日)トロロッソ「我々の週末じゃなかった」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • カナダGP 決勝結果
  • トロロッソ「我々の週末じゃなかった」
  • チェッカーが1周早く振られる珍事が発生

それではご覧ください。


カナダGP 予選結果

順位とピットストップタイミング

2018年のカナダGP決勝は、フェラーリセバスチャン・ベッテルが他を寄せ付けることなくポール・トゥ・ウィンを果たしました。

2位にはメルセデスバルテリ・ボッタス、3位にはレッドブルマックス・フェルスタッペンと、トップ3は予選順位と変わりませんでした。

ルイス・ハミルトンは終始ペースが上がらず5位に終わり、ランキング首位の座をベッテルに明け渡す羽目に。
今年はレースごとの好不調の波が激しく、まだ勢いに乗り切れていません。

目次に戻る

トロロッソ「我々の週末じゃなかった」

ホンダがアップグレードしたパワーユニットを持ち込んだカナダGPでしたが、トロロッソはノーポイントに終わりました。

12番手スタートのブレンドン・ハートレーは、姿勢を崩したランス・ストロールにぶつけられて大クラッシュ。
ハートレーは無事だったものの、1周目でリタイアとなってしまいました。

Hartley and Stroll's First Lap Smash | 2018 Canadian Grand Prix

ピエール・ガスリーはトラブルが発生した新型PUを交換したため19番手スタートだったものの、最終的には11位でフィニッシュしています。
後方スタートでなければ、ポイントを取れていた可能性が高いです。

「今回は我々のレースウィークエンドではなかった」と語るのは、トロロッソを率いるフランツ・トストです。

「ピエールのPUを交換することで問題が始まり、結果的に彼は後方グリッドからスタートしなければならなかった。ピエールは今日良いレースをしたが、残念なことに11位に終わり、彼はポイントを獲得できなかった」

「週末に好スタートを切ったブレンドンが、ストロールに壁へとプッシュされ、1周目でレースを終えたのは残念だ」

「我々は今日見せたよりも多くのものをパッケージから取り出せると思っている。そして私は来るフランスのレースウィークエンドに、もっと良いパフォーマンスを出せると確信している」

Source : Canada GP: Race team notes - Toro Rosso | pitpass.com

目次に戻る

チェッカーが1周早く振られる珍事が発生

70周で争わるはずだったカナダGPですが、チェッカーフラッグは69周目に出てしまいました。

チェッカーを振ったのはモデルのウィニー・ハーロウさんだったのですが、FIAのレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングによると彼女のミスというわけではなく、スタートプラットフォームとスターターの男性間におけるミスコミュニケーションに原因があったといいます。

スターターの彼はレースコントロールにファイナルラップかを確認したそうなのですが、レースコントロールからの「次がファイナルラップだ」という返答を、「質問していたときの周回」の次の周だと勘違いしたため、1周早くチェッカーを振る指示を出してしまったのだそうです。
実際は返答中の周回の次の周だったわけですね。

チェッカーは1周早く出されたものの、全てのドライバーは手綱を緩めることなく、予定どおり70周を走りきりました。
FIAのルールではチェッカーが振られた時点でゴール扱いとなるため、69周で終えてしまっても問題はなかったようです。

しかしダニエル・リカルドは70周目にファステストラップを出したため、その記録は無かったことにされてしまいました。
とんだとばっちりですね。

Source: FIA says celebrity guest Winnie Harlow not to blame for chequered flag error | racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.