アウディA4が2019年型のマイナーチェンジでフェイスリフト

2018年6月28日Audiの新車情報, 新車情報Audi A4, ステーションワゴン, セダン

アウディ・A4がフェイスリフトされます。
今回のマイナーチェンジは主にエクステリアの小変更なのですが、わかりづらいので旧型と比較できる画像を用意しました。


新型A4の変更点

エクステリア

フロントバンパーとリアバンパーのデザインが変わりました。
フロントは張り出し感のあるデザインとなり、リアはマフラーフィニッシャーが台形のものに変更されました。

ホイールのデザインも新しくなり、よりスポーティーな印象に変わっています。

A4セダンの新旧比較

2019年型のアウディA4セダン

こちらは2016年型

ホイールも新しいデザインになった。

旧型のホイールデザインは径が小さく見える。

リア周りの変更点は下部に集中している。

2016年型のマフラーフィニッシャーは、ボディのデザインと整合性が取れていない感じだ。

A4アバントの新旧比較

2019年型のA4アバント。フロントバンパーのデザインはセダンと同じ。

こちらは2016年型

リア周りもセダンと同様の変更が施されている。

2016年型のリア周り。

S Line Competition Package



アウディ・A4でも、S Lineコンペティション・パッケージを選択できるようになりました。

セレナイト・シルバーの加飾がフロントバンパー下部や、サイドステップ部分のストーン・チップ・ガードに施される他、リアドア下部にアウディのロゴが追加され、ブレーキキャリパーもレッドにペイントされます。
Audi Sportの19インチホイールやスポーツサスペンション、LEDヘッドライトなどの要素も変更点です。

また、A4アバントのS Lineコンペティション・パッケージには、RSと同様のルーフマウント・リアスポイラーが装着されます。

インテリア

新型A4のインテリア

S Lineコンペティション・パッケージは、S Lineのブラックインテリアパッケージをベースとし、RSのカーボン加飾、3スポークの多機能ステアリングホイール、ブラックパーシャルレザースポーツシートなどが装備されます。
また、マグマレッドなど他の色のSスポーツシートを選ぶことも可能です。

価格・発売日

価格に関する情報は現在のところありません。

ドイツ本国での発売は2018年第3四半期を予定しています。
MY2019(2018年下半期~2019年上半期生産モデル)から新しい顔つきに変わるということです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath