他メーカーの新車情報 新車情報

アルファロメオ 4Cクーペが廃止に 4Cスパイダーは存続

更新日:

アルファロメオ・4Cクーペが廃止されるそうです。
でも4C自体はこれまでの噂通り存続されます。
4Cスパイダーだけの単一車種となって、再出発するそうです。

今回は4Cクーペ廃止の理由についてと、アルファロメオ・4Cスパイダーに関する最新情報をお伝えします。


4Cクーペ廃止の理由

4Cのプロダクト・マネージャーであるDanny Prittは、motorauthority.comの取材に対して、4Cクーペを2018年モデル限りで廃止することを明らかにしました。

さよなら……

しかし4Cは、現在のアルファロメオのラインナップにおいて唯一の本格スポーツカーです。
問題点の多い車ではありますが、少なくともスポーツ性能に関してはかなり高いレベルにありました。
その4Cクーペを、なぜ廃止してしまうのでしょうか?

廃止の理由その1 販売不振

最大の理由は、4Cの販売不振です。
carsalesbace.comのデータによると、米国における4Cの販売台数は、2015年は663台、2016年は492台、そして2017年は406台でしかありません。

ヨーロッパではもう少しマシなものの、それでも2015年は1047台、2016年は1179台、2017年は871台にすぎません。

フィアット・クライスラーとしては、4Cをライトウェイト・スポーツカーとしてアピールするのではなく、オープンカーとしてアピールしたいのでしょう。
オープンカーという付加価値を前面に押し出すことで、販売のテコ入れを図る狙いがあるのだと思います。

廃止の理由その2 GTVの復活

スパイダーとしては存続し、クーペだけが廃止されるのは、アルファロメオのスポーツクーペとしての地位を、復活するGTVが引き継ぐためです。

アルファロメオGTV

GTVはアルファロメオ・ジュリアのプラットフォームを用いた2+2のクーペで、600ps以上のパワーを発生する4WD車となります。
先日発表されたフィアット・クライスラーの5ヵ年計画にも記載されていたので、GTVの復活は既定路線です。

8Cも復活する予定ですが、こちらは700psオーバーのスーパースポーツになるはずなので、4Cクーペの廃止とは関係ないでしょう。

目次に戻る

新型アルファロメオ・4Cスパイダーの概要

まず、2019年モデルの4Cスパイダーは、現在よりも高価になります。
4Cスパイダーの現在の米国価格は65,900ドルですが、これが66,900ドルに引き上げられるそうです。

また、サーキット走行向けに用意されていたトラックパッケージも廃止されます。
ただしトラックパッケージに含まれていたオプションパーツ自体は今後も利用可能です。

2019年モデルからは、リアビューカメラが標準化されます。
4Cにはかねてからマイナーチェンジの噂があったので、2019年モデルはマイナーチェンジモデルとして登場する可能性があります。
パワステの追加などにも期待です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.