Lamborghiniの新車情報 新車情報

ランボルギーニ SC18 スクアドラ・コルセが作り上げたサーキット志向のワンオフモデル

投稿日:

ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが、SC18というスペシャルモデルを公開しました。
特別な顧客のために作られた、サーキット志向のワンオフモデルです。
一応ロード・リーガルということなので、一般公道でも走れるみたいですよ。

今回はランボルギーニ・SC18の概要をご覧ください。


ランボルギーニ SC18の概要

エクステリア

ランボルギーニ SC18


フロント周りはウラカンGT3 Evoを参考にしたデザインだという。


巨大なカーボンファイバー製リアウイングは調整式。


12個のダクトがエンジンルームからの熱気を効率的に逃がす。


ディフューザー上の三角形がマフラーだと思われる。


SC18の最大の特徴といえるのが、過激なエアロパーツです。
スクアドラ・コルセが、ウラカン GT3 Evoウラカン スーパートロフェオ Evoで得た知見が活かされています。

例えばフロントの吸気口とボンネットは、ウラカン GT3 Evoにインスパイアされたものですし、ボディサイドとリアフェンダー、フィン、そしてエアスクープは、スーパートロフェオEvoと同様のスタイルです。

カーボンファイバー製の大型リアウイングは、3段階の調整が可能なので、サーキットの特性に応じて最適なダウンフォース量を設定できます。

エンジンフードに開けられた12の熱抜きダクトは、耐久レースでの経験を活かしたものだそうです。
これによりV12エンジンの冷却性能も向上しています。

ランボルギーニは言及していませんが、車の性質を考えると、ボディワークの大部分はおそらくカーボンファイバー製のはずです。
ボディカラーはグリージョ・デイトナ(デイトナ・グレー)で、レッドのスクリーンプリントがあしらわれています。

ホイールはセンターロック式で、フロント20インチ、リア21インチです。
タイヤは特注のピレリ・P ZERO CORSAを履いています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは6.5リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気です。
最高出力は770ps、最大トルクは720Nmを発生します。
0-100km/hは2.8秒、最高速は驚異の350km/hです。
ちなみに770psという最高出力は、ランボルギーニ最強モデルであるアヴェンタドールSVJと全く同じです。

ギアボックスは、ランボルギーニが独自開発した7速ISRとなっています。
ISRはシングルクラッチ式のトランスミッションですが、最短50mm秒で変速可能という代物です。

また、SC18にはテレメトリーシステムが搭載されており、サーキット走行時のパフォーマンスを全て測定できます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Lamborghiniの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.