Lamborghiniの新車情報 新車情報

ランボルギーニ ウラカンEVO 受け継がれるペルフォマンテのDNA

更新日:

2014年にデビューしたランボルギーニ ウラカンが、2019年にフェイスリフトされます。
今回のマイナーチェンジでは、ウラカン ペルフォルマンテ風のエクステリアデザインに変更された他、エンジンパワーも大幅に向上しています。
そして車名は「ウラカンEVO」に改められました。

今回は新型ウラカンのマイナーチェンジ内容についてご覧ください。


ウラカンの2019年マイナーチェンジ内容

エクステリア

ランボルギーニ ウラカンEVO


ペルフォマンテに似たバンパーだが、両サイドのダクト形状が異なる。


参考画像として、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのフロント周り。


こちらはM/C前モデルのLP610-4スパイダー。


エクステリアにおける最大の変更点は、ハイマウントエキゾーストの採用だろう。


ウラカンEVOは、フラッグシップモデルである「ウラカン ペルフォマンテ」に似た、よりアグレッシブなスタイリングです。
フロントバンパーはワイド感が強調されたデザインとなり、サイドステップも新しくなっています。
リアはペルフォマンテと同様に、テールパイプがナンバープレートの左右から出る「ハイマウントエキゾースト」に変更されました。
また、リアスポイラーも最適化されています。
ホイールも新デザインの20インチアロイです。

これらの変更によってウラカンEVOの総合的な空力性能は、M/C前ウラカンの5倍になったとランボルギーニは主張しています。

目次に戻る

インテリア

ウラカンEvoのインテリア。


ポートレートスタイルのタッチスクリーンが追加された。


シート形状は変わっていないが、表皮が違うようだ。


内装はアルカンターラとレザーで設えられています。
インフォテイメントも更新され、タッチスクリーンは8.4インチです。
スマートフォンとのコネクティビティに関しては、Apple CarPlayに対応しているものの、Android Autoはサポートされていません。

ANIMAコントローラーで選択可能な走行モードに変更はありません。
ストラーダ、スポーツ、コルサの3モードが用意されており、後者ほどよりスポーティな走りが可能です。

目次に戻る

シャシー

  • 4輪操舵システム
  • 4輪トルクベクタリング
  • マグネト・レオロジカル・アクティブ・サスペンション
  • アドバンスド・トラクション・コントロール・システム

などが搭載されています。
また、AWDシステムもアップグレードされた他、ステアリングレスポンスも向上しました。

目次に戻る

パワートレイン

5.2リッター・V型10気筒自然吸気エンジンは、さらにパワーアップして640ps・600Nmとなりました。
つまり、ペルフォマンテと同じスペックです。
M/C前のウラカン LP610-4は、その名の通り610psでしたから、実に30psもの大幅なパワーアップとなります。
排気量が変わっていないので、高回転化したのかと思いきや、ウラカンEVOの最高出力発生回転数は、M/C前より250rpm低下し、8000rpmとなっています。

ウラカンEVOの乾燥重量は1,422kgしかないので、そのパフォーマンスは強烈です。
0-100km/hはわずか2.9秒となり、ついに3秒を切ってしまいました。
ちなみに0-200km/hも9秒フラットでこなします。
最高速度は325km/h以上です。

ちなみに100km/hから停止するまでの制動距離は31.9mとのことですから、ストッピングパワーも十分にあるといえるでしょう。

また、車両のダイナミクスを統合制御する中央処理装置である「LDVI(ランボルギーニ・ダイナミカ・ヴィーコロ・インテグラータ)」も搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

日本での価格は2,984万円となります。
ランボルギーニは様々な内外装のパッケージを選択できるとしていますが、そちらの価格はまだ判明していません。

最初のデリバリーは2019年の春になる予定です。
日本も同時期になるかは不明ですが、それほど遅れることはないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-Lamborghiniの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.