718ケイマンGT4ラリー ポルシェの新しいラリーウェポン!

Porscheの新車情報, 新車情報Porsche 718 Cayman, レーシングカー

981型ケイマンGT4 CSをベースにしたコンセプト。

ポルシェが、718ケイマンGT4のラリー仕様の生産に、ゴーサインを出しました。
2018年8月にコンセプトが公開された718ケイマンGT4ラリーについて、ポルシェは「100台の注文があれば生産を開始する」とコメントしていましたが、どうやらそれだけの発注を確保できたようです。

今回は、ポルシェ 718ケイマンGT4ラリーの概要と画像をご覧ください。


718ケイマンGT4ラリーの概要

718ケイマンGT4ラリーのベースとなるのは、718ケイマンGT4クラブスポーツ(以下、GT4 CS)です。
昨年8月に公開されたコンセプトは、先代のケイマンGT4 CS(981型)をベースにしたものでしたが、生産版のラリーカーは、新型GT4 CSがベースになるとポルシェは認めています。

コンセプトは先代981型ケイマンGT4 CSがベースだった。

718ケイマンGT4 CSは、425ps・425Nmを発生する、3.8リッター・フラット6自然吸気エンジンを搭載しています。
先代の981型GT4 CSと比較して、40psものパワーアップを果たしました。

718ケイマンGT4クラブスポーツ

また、強化されたデュアルマスフライホイールと、レース用に最適化された電子制御を持つ、6速PDKトランスミッションを搭載しているので、エンジン共々、ラリーにおいても大きな力となるはずです。

さらに718ケイマンGT4 CSは、農業副産物から得られる天然繊維を用いた、軽量かつ高剛性なコンポジットパーツを多用しているのが特徴です。
そのため車重は1,320kgしかありません。

Porsche 911 GT3 Rally – Special 2014 – Action, Drift, Sound (HD)
911 GT3ラリーカーの走行動画。やはりちょっと重そうな動きだ。

以前製作された911 GT3ベースのラリーカーは、走る様子からして重そうだったので、718ケイマンGT4 CSの軽さは、ラリーで大きなメリットとなるはずです。
ミッドシップならではの重量配分の良さも、実戦で効いてくるでしょう。

実際、コンセプト(981型)でラリー・ドイチェランドを戦ったロマン・デュマや、それを走らせたチーム側からのフィードバックは、良好だったということです。
また、ファンやラリーの主催者側からも好評だったとポルシェは語っています。

アイスレース仕様に変更されたコンセプト。

雪上走行用のピンスパイクタイヤ。凶悪な外観だ。

4連の補助灯は迫力満点。

ブレーキとホイールとのクリアランスが殆ど無くてかっこいい。

718ケイマンGT4ラリーは、FIA R-GT規定に基づいて設計されます。
デビューは2020年の予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath