VUHL 05RR メキシコ製の超軽量スポーツカーはブガッティ・ヴェイロン並のPWR!

他メーカーの新車情報, 新車情報ライトウェイトスポーツカー

メキシコのVUHLというブランドが、パワーウエイトレシオ1.73のモンスターマシン「05RR」を公開しました。
レーシングカーのような見た目ですが、公道走行可能なモデルです。

VUHLは2016年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、コンセプトカーの「05」を発表しました。
2年の時を経て登場した05RRは、そのハイパフォーマンス・バージョンです。

今回は05RRのスペックと画像をご覧ください。


VUHL 05RRの概要

エクステリア・インテリア

VUHL 05RR

ホイールは前17インチ、後18インチ。

フロントフェンダーからリアフェンダーへのラインが面白い。

スワンネックのステーを持つリアウイング。

リアウイングは角度調整も可能なようだ。

ロールバーの間にハイマウントストップランプがある。

リア周りは完全にレーシングカー。リアタイヤが見えてるのがかっこいい。

カーボン製のバケットシートが装着されている。

ステアリングは330mm径のクイックリリース式で、耐水スエード仕上げ。

カーボンの模様が美しい。

目次に戻る

シャシー

モノコックは、カーボンとアルミニウムを接着したものに、ハニカム構造のフロアを組み合わせたものです。
ボディパネルは標準だとグラスファイバー製ですが、カーボンファイバー製パネルのオプションもあります。

05コンセプトのシャシー。05RRでは、これにカーボンが組み合わせてある。

ボディサイズは、全長は3,718mm、全幅は1,876mm、全高は1,120mm、ホイールベース2,300mmとかなりコンパクトです。
最低地上高は110mmとなっています。

05RRの車重は、乾燥重量で640kgしかありません。
オイルや冷却水、燃料などを搭載した車両重量でも675kgということで、驚異的な軽さです。
ちなみに05コンセプトから50kgも軽量化されています。

前後重量配分はフロント40%・リア60%と、若干リアヘビーです。

05RRでは、パワートレインの搭載位置が見直され、コンセプトから重心高が50mmも低下しました。
足回りはビルシュタインの2Way調整式ダンパーに、アイバッハスプリングの組み合わせです。
アンチロールバーも高剛性なものに変更された他、ステアリングラックもレース仕様となっています。

エアロパッケージもハイダウンフォース仕様になっているため、最大で1.8Gもの横Gを発生させるそうです。
コーナリング性能は、完全にレーシングカーのそれですね。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはフォード製の2.3リッター・直列4気筒ターボが搭載されています。
いわゆる「EcoBoost」エンジンですね。

このエンジンは最高出力390ps、最大トルク500Nmを発生します。
フォード・フォーカスRS Mk3も同じ型式のエンジンを搭載しているのですが、VUHLの方がパワフルな仕様です。

トランスミッションはサデブ製の6速シーケンシャルで、パドルシフトで変速します。
軽量フライホイール、軽量なレース用クラッチ、リミテッド・スリップ・デフ(LSD)も装着されており、レースへの備えは万全です。

軽量なシャシーとハイパワーなエンジンによって、0-100km/h加速にわずか2.7秒しかかかりません。
最高速は255km/hとなっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath