NOVITECがフェラーリ 812スーパーファストをさらにかっこよく改造!

チューニング, 自動車文化スーパーカー

ドイツのチューナーであるNOVITECが、フェラーリ・812スーパーファストのアップグレードパーツを公開しました。
内容はカーボン製のエアロパーツ、22インチの鍛造ホイール、スポーツスプリング、そして軽量なエキゾーストシステムです。

今回はNOVITEC・812スーパーファストの概要と画像をご覧ください。


NOVITEC 812スーパーファストの概要

カーボン製のフロントリップや、エンジンフードの左右にあるエアアウトレット、ミラーキャップ、そしてサイドステップとリアスポイラーは、風洞実験によって開発されたものです。
モータースポーツにインスパイアされたデザインを提供するだけではなく、空力にも貢献します。




ホイールは米国のホイールメーカーであるVossenと共同開発されたものです。
NOVITECは812スーパーファスト用に、2種類のデザインのホイールを開発しましたが、サイズはどちらもフロント21インチ、リア22インチという組み合わせになっています。

画像の車両が履いているのは、NF9 Forgedという鍛造ホイールです。
もう一種類はNF8 directionalというホイールで、こちらは前後左右の各車輪ごとに設計されており、スポークが空気流に対して常に最適な方向に回転するように工夫されています。

NOVITEC NF8 directional

ノーマルのサスペンションに合わせて調整されたスポーツスプリングは、812スーパーファストの車高を35mmダウンさせます。
車内のスイッチひとつでフロントの車高を40mm上げることができるフロントリフトシステムも用意されているので、カーボン製のフロントリップを擦ってしまう心配もありません。

エンジンのパワーアップパーツに関しては開発中とのことですが、エキゾーストシステムだけはすでに完成しています。
110mm径のテールパイプを持つ「NOVITECハイパフォーマンスエキゾーストシステム」はステンレス製で、ポリッシュ仕上げかマット仕上げかを選ぶことができます。

このエキゾーストシステムは、F1で使われているインコネル材で作ることも可能だそうです。
その場合にはノーマル比で11kgも軽く仕上げることができます。
また、エキゾーストの音量を調節するアクティブフラップや、軽量で高効率なスポーツ触媒も選択可能です。



目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath