マツダの新車情報 新車情報

マツダ CX-30 「3」と「5」の中間は「30」!?

投稿日:

マツダが新たなコンパクトSUV「CX-30」を発表しました。
CX-3CX-5の中間となるサイズのSUVです。
CX-4が中国専売のクーペSUVとして既に存在するため、CX-30という車名になったのでしょう。

それではCX-30の画像と概要をご覧ください。


マツダ CX-30の概要

エクステリア

マツダ CX-30


ヘッドライト周りは見慣れたいつものデザインだ。


CX-3よりも全長が120mm長い。


テールゲートは後方に突き出したデザイン。


ボディパネルは抑揚が強いわけではないが、光の変化で複雑な表情を見せる。


テールゲートガラスが小さく、スポーティーな印象のリア周り。


テールライトは頂点の部分が切り落とされたようなデザイン。


デザイン言語は、これまでと同じく「魂動」デザインが用いられています。
一見してマツダ車だとわかる、おなじみの顔つきです。

ボディサイズ

車種 全長(mm)
CX-3 4,275
CX-30 4,395
CX-5 4,545

CX-3よりも120mmほど長くなったことで、居住性が向上しました。
マツダの社長兼CEOである丸本明氏は、「お客様の日常生活に欠かせないパートナーになるよう、CX-30を設計した」と語っています。

CX-3は後席の狭さがネックだったので、CX-30はその弱点を克服したモデルといえるでしょう。
一方、CX-5ほどには大きくないため、都市部での取り回しにも苦労することは無いはずです。

目次に戻る

インテリア

CX-30のインテリア


マツコネの形からして、新型アクセラ世代のインフォテイメントが搭載されるのは確実だ。


ラゲッジスペース容量は、リアシート使用時で430リッターとなっています。
CX-3は350リッター、CX-5は505リッター(ともにサブトランク込の値)なので、荷室の広さも両モデルの丁度中間です。

目次に戻る

シャシー

G-ベクタリングコントロールや、i-ACTIV AWDなど、他のマツダ車と同様の車両制御技術を搭載しています。

目次に戻る

パワートレイン

新型アクセラと同様のエンジンラインナップになると見られています。
最新のSKYACTIV-Xが搭載されるかは不明ですが、ハイブリッドは用意される見込みです。

目次に戻る

価格・発売日

車格に合わせて、CX-3とCX-5の中間に設定されるでしょう。
現在の販売価格は、CX-3が212.7万円から、CX-5は257.0万円からとなっています。

発売は2019年半ばになるでしょう。
ただし最初に発売されるのはヨーロッパのようです。
その後順次各国市場に投入されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-マツダの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.