アルファロメオ トナーレ 市販バージョンの画像が流出!

2019年3月6日他メーカーの新車情報PHEV, SUV

アルファロメオの新型コンパクトSUV「トナーレ」の画像が流出しました。
更新情報欄から内容をご確認ください。

更新情報

市販バージョンの外観リーク画像市販バージョンの内装リーク画像を追加しました。(2019/10/09)


アルファロメオ トナーレの概要

エクステリア

トナーレ・コンセプトのエクステリア

トナーレ・コンセプト

SZやブレラっぽい顔つきに回帰したが、細部は現代風にアレンジされている。

スリークで非常にかっこいいサイドビュー。

ホイールは21インチ。

テールライトもヘッドライトと同様に、トリロボをモチーフとしたデザインだ。

アルファロメオ伝統のスクデット(盾)と、トリロボ(三つ葉)のデザインは健在です。
フロントマスクの中央にスクデットが配置され、トリロボはヘッドライトに姿を変えています。

ホイールは21インチです。
しかしトナーレは、ステルヴィオよりもボディサイズが小さいということなので、市販バージョンでこれほどの大径ホイールを履けるかはわかりません。

市販バージョンの外観リーク画像

アルファロメオ トナーレのリーク画像

コンセプトからヘッドライトのデザインは変わったが、イケメンであることに変わりはない。

リア周りはよりショルダーを強調したデザインになった。

トナーレ・コンセプトとは細部が異なっていますが、非常にかっこいいSUVに仕上がっています。
サイドのクラッディングも自然で、全体のフォルムを壊していません。

目次に戻る

インテリア

トナーレ・コンセプトのインテリア

トナーレ・コンセプトのインテリア

ステアリングのデザインと質感が素晴らしい。

シート形状はどことなく未来的。表皮はレザーとアルカンターラの組み合わせか。

LEDアンビエントライトが、あらゆる所に多用されている。

エアコン吹出口にも小型のスクリーンが組み込まれている。

アルミニウム、レザー、アルカンターラなどで仕上げられています。
LEDのアンビエントライトがあらゆる所に用いられていますが、これはコンセプトカーだからこその演出でしょう。

メーターパネル用のディスプレイは12.3インチ、センターコンソールのタッチスクリーンは10.25インチです。
エアコン吹出口にも小型のスクリーンが内蔵されており、利便性を向上させています。

市販バージョンの内装リーク画像

トナーレのインテリア

市販バージョンということでコンベンショナルなデザインに変更されたようです。
それでもデジタル・インストゥルメント化されたメーターや大型のタッチスクリーン(おそらくサイズはコンセプトと同じ10.25インチ)など、ある程度の先進性を感じさせる装備が確認できます。

目次に戻る

パワートレイン

プラグインハイブリッドのパワートレインが採用されると見られています。
アルファロメオから具体的なアナウンスはありませんでしたが、ジープ・レネゲードに導入予定のPHEV用パワートレインが、トナーレにも流用されるという説が有力です。

レネゲードとパワートレインを共有するため、トナーレの駆動方式はFF(前輪駆動)が基本となります。
AWD(全輪駆動)モデルももちろん用意されるでしょう。

PHEVということで、ドライブモードには各種エネルギーマネジメントが実装されます。
ICE(内燃機関)と電動モーターから最大限のパワーを得ることができる、デュアルパワーな「ダイナミック」モードもあるようです。
ICEとモーターのバランスを最適化する「ナチュラル」モードや、モーターとバッテリーのみを用いる「アドバンス E」モードも存在します。

目次に戻る

価格・発売日

価格と発売日に関する情報はまだありません。

ジープ レネゲードのPHEVモデルは、2019年中に予定されているマイナーチェンジで追加されるため、トナーレの投入はその後、おそらく2020年以降になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath