マツダの新車情報 新車情報

7人乗り・3列シートのSUVならば、CX-8がベストだと言い切れる3つの理由

更新日:

マツダの3列シート・7人乗りSUVである
CX-8」が、ついに発売されました。

兄弟車であるCX-5の全長をストレッチして、シートを付け足しただけの車種かと思っていたのですが、ライバルとスペックを比較していくと、7人乗り3列シートSUVなら、ほとんどの人にとってCX-8がベストであるという結論に達しました。

今回はCX-8の、ライバルには無い強みの数々を明らかにしていきます。

sponsored link


CX-8の強み1 室内が最も広い

価格帯からして日産・エクストレイル三菱・アウトランダーがライバルと思われがちなCX-8ですが、ボディサイズはトヨタ・ランドクルーザーランドクルーザープラド三菱・パジェロに近い車です。

車種 全長 全幅 全高 W/B
CX-8 4900 1840 1730 2930
ランドクルーザー 4950 1980 1880 2850
ランクルプラド 4825 1885 1850 2790
パジェロ 4900 1875 1870 2780
エクストレイル 4690 1820 1740 2705
アウトランダー 4695 1810 1710 2670

単位は全てmm

ボディサイズがCX-8に最も近いのはパジェロですが、ホイールベースにはかなり差があります

このホイールベースの差が、そのまま室内の広さの差となり、CX-8の大きなアドバンテージとなっているのです。

車種 室内長 室内幅 室内高
CX-8 2690 1540 1250
ランドクルーザー 2690 1640 1200
ランクルプラド 2520 1565 1240
パジェロ 2535 1525 1235
エクストレイル 2555 1535 1270
アウトランダー 2580 1495 1265

単位は全てmm

CX-8は表にある6台中で、室内長が最も長い車です。
全長ではパジェロと並んで2位なのですが、6台中最も大きなランドクルーザーと同じ室内長となっています。

室内幅・室内高でも、CX-8は3位です。

ランドクルーザーは室内長と室内幅ではトップなものの、室内高ではなんと最下位ですし、プラドも室内長で最下位となっています。

パジェロは全ての数値がCX-8に劣っていますし、エクストレイルとアウトランダーは室内長が短すぎます。

わかりやすくするために、1位6点、2位5点……といった感じで項目ごとに点数を付けていき、その点数を車種別に合計してみました。

車種 室内長 室内幅 室内高 合計点
CX-8 6 4 4 14
ランドクルーザー 6 6 1 13
ランクルプラド 1 5 3 9
パジェロ 2 2 2 6
エクストレイル 3 3 6 12
アウトランダー 4 1 5 10

よってCX-8は3列シートSUVの中で最も室内が広いと言えるのです。

目次に戻る

CX-8の強み2 燃費の良さ

ランドクルーザーやパジェロなどは、本格的なオフロード走行を可能にするため、シャシーに堅牢なラダーフレームを採用しています。

ラダーフレームは、はしご型に組んだ骨組みの上にボディを載せる方式なので、ヘビーデューティーなクロスカントリー車には理想的なのですが、街乗りをメインとするSUVでは宝の持ち腐れです。

CX-8はCX-5がベースですから、当然モノコックボディとなります。
車体の外板に応力を受け持たせる構造なので、モノコックは軽く、スペース効率に優れているのが特徴です。
先述したCX-8の室内の広さにも、モノコックであることが寄与しています。

そしてモノコックボディのおかげで軽いCX-8は、同サイズのSUVと比較しても、非常に低燃費なのです

車種 燃費(km/L) 車重(kg)
CX-8 17.0 1890
ランドクルーザー 6.7 2690
ランクルプラド 11.2 2320
パジェロ 10.0 2290
エクストレイル 15.6 1590
アウトランダー 14.6 1570

車重は、それぞれの車種の「7人乗り仕様の最上級グレード・4WD車」のもの。

燃費はJC08の数値。

CX-8が、一回り小さくて軽いエクストレイルやアウトランダーよりも燃費が良いのは、やはり「SKYACTIV-D」のおかげでしょうね。
しかも軽油で燃料代が安いのですから、言うことなしです。

目次に戻る

CX-8の強み3 価格が安い

CX-8は、サイズ的にはランクルやプラド、パジェロといったヘビー級のSUVに近いのですが、エクストレイルやアウトランダーと同じ価格帯に属しています。

上の画像は、各車の最安グレードの価格と、最高グレードの価格を折れ線グラフで示したものです。
上下のグラフの間隔が、その車の価格帯ということになります。
CX-8は車格のわりに安いことが一目でわかりますね。

CX-8はCX-5の兄弟車なので、開発コストを削減できたのでしょう。
それでいて広くて、ディーゼルエンジンのおかげで燃費が良いのですから、文句のつけようもありません。

目次に戻る

7人乗り・3列シートのSUVなら、CX-8が絶対におすすめ!

CX-8のコストパフォーマンスは、ライバルたちを圧倒しています。
イニシャルコストだけでなく、ランニングコストにおいても優れているのですから、ライバルを選ぶ理由がまったくありません。

もちろん本格的なオフロード走行をしたいという人や、駐車スペースの関係でコンパクトな3列シートSUVを探しているという人には、CX-8は候補とならないでしょう。

しかし大多数の人にとって、CX-8は理想的な3列シート・7人乗りのSUVといえるのです。

もちろん積載量や3列目の広さは、ミニバンほどではありません。

しかしスタイリッシュなデザインや、質感の高いインテリア、そして優れたコストパフォーマンスといったメリットを考えると、ミニバンから乗り替える価値は十分にあるのではないでしょうか。

CX-8にライバルはいない

CX-8には、厳密な意味でのライバルはいません
CX-8のボディサイズでモノコックボディの車はありませんし、CX-8の同価格帯でCX-8ほどの広さを持つ車も存在しないからです。
よってニッチではあるものの、唯一無二の価値を持つ車だといえます。

競合他社の隙を上手く突いた、マツダのブルーオーシャン戦略はおそらく成功すると思いますが、そうなると類似商品の発売も時間の問題です。
ライバルが後追いを始めたとき、マツダとCX-8は正念場を迎えるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-マツダの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.