ニッサンの新車情報 新車情報

T32エクストレイル マイナーチェンジ後の新型はディーゼル追加、プロパイロット装備【6/3更新】

2017/06/07

日産エクストレイルがマイナーチェンジされます。
新型は顔つきが変わるだけでなく、インテリアもデザインが変更され、さらにはプロパイロット(自動運転)が搭載される予定です。

今回は新型エクストレイルの画像を交えつつ、マイナーチェンジの内容についてお伝えします。

更新情報

日産ローグ(米国版エクストレイル)だった画像を、欧州仕様の新型エクストレイルに差し替え、最新情報に合わせて記述を追加しました。(2017/06/03)

sponsored link

エクストレイルのマイナーチェンジ内容

エクステリア

ヘッドライトユニットも変化しているようだ。
Vモーショングリルの大型化に伴い、バンパーのデザインも変更されている。
nissan-x-trail-t32-before-mc-front
現行型エクストレイルのフロントマスク

画像の出典: http://autoc-one.jp

ホイールは新デザインだ。
現行型エクストレイルのサイド

画像の出典: autoc-one.jp

リアバンパーが変わり、テールランプも日産KICKSのようなブーメランスタイルのLEDになっている。
nissan-x-trail-t32-before-mc-rear
現行型エクストレイルのリア

画像の出典: autoc-one.jp

ボディカラーには、「オレンジパール」「レッドパール」「ブルーパールメタリック」「ダークブラウンパール」という4色が追加されます。

目次に戻る

インテリア

3スポークのステアリングは、よりスポーティーなDシェイプに変更です。センターコンソールの両サイド(膝が当たる部分)やグローブボックスにも、新たにソフトパッド(おそらく合皮)が追加されています。

オプションリストには、新たに8スピーカーのBOSEプレミアムサウンドシステムが追加されました。新型マーチにもBOSEがオプション設定されていますし、日産はサウンド環境の改善に力を入れているようです。

マイナーチェンジ後のエクストレイルは、全体的に質感が向上しているようだ。
現行型エクストレイルのインテリア。ちょっとプラスチッキーに見える。

画像の出典: autoc-one.jp

新型はソフトパッドの使用面積が増え、質感が増している。
新型のラゲッジ。後席を倒すと1996リッターという広大なスペースが生まれる。
後席を立てた状態でも565リッターと、マイナーチェンジ前より15リッター増えた。

目次に戻る

安全装備

レーンキープアシスト(日産名:レーン・ディパーチャー・プリベンション, LDP)とアダプティブ・クルーズコントロール(日産名:インテリジェントクルーズコントロール, ICC)がそれぞれ追加されます。

ICCは全車速追従機能付きなので、渋滞時に便利です。今回のマイナーチェンジにより、安全装備はほぼパーフェクトといえる内容になったといえるでしょう。

また、プロパイロット(自動運転)の搭載が確実視されています。
内容的には日産・新型セレナと同じものですが、高速道路での疲労軽減に一役買ってくれるはずです。

2.0リッターディーゼル追加の可能性

欧州仕様・17インチ車のエンジンラインナップ。ほとんどがディーゼルだ。

2016年10月のパリ・モーターショーにおいて、日産・ヨーロッパ・イーストのバイス・プレジデントであるジェームズ・ライト氏が、エクストレイルに2.0Lディーゼルが追加されるとコメントしました。新型エンジンはEuro6規制をクリアすべく現在開発中のようです。

ヨーロッパにおけるエクストレイルの現行エンジンラインナップは、130psの1.6Lディーゼル(ルノーのR9M型)と、160psのガソリン直噴ターボ(MR16DDT)の2つなので、日本とは状況が異なりますが、ライバルのキア・ソレントやヒュンダイ・サンタフェ、シュコダ・コディアックなどが軒並み190ps前後のディーゼルエンジンを投入してきたため、エクストレイルも対応しないわけにはいかないようです。

新型の2.0Lディーゼルが日本に投入されるかどうかは不明なものの、新型ディーゼルエンジンがEuro6規制をクリアできれば、日本の規制も問題なくクリアできるはずなので、日本におけるエクストレイル・ディーゼルの復活もあり得ると思います。

旧T31型エクストレイルのクリーンディーゼル車の人気は根強く、中古市場でも高値で取引されています。マイナーチェンジ後にディーゼルが追加されれば、人気爆発間違い無しだと思うのですが……。

目次に戻る

新型エクストレイルの価格

マイナーチェンジ後の日産・ローグ(米国版エクストレイル)の価格が明らかになりました。グレードは「ローグ S」が日本仕様の「エクストレイル20S」、「ローグ SV」が「エクストレイル20X」、「ローグ SL」が「エクストレイル20Xt」だと読み替えれば、当たらずといえども遠からずだと思います。

米国版エクストレイル(M/C後)の価格
グレード価格($)価格(万円)
S 2WD23,820247.7
S 4WD25,170261.7
SV 2WD25,240262.4
SV 4WD26,590276.5
SL 2WD29,960311.5
SL 4WD31,310325.6

$1=¥104で換算。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ以下の関連記事もご覧ください。

sponsored link

エクストレイル(T32)評価・口コミ 人気の7人乗りSUVは走りもジェントル!

sponsored link

Category: ニッサンの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る