トヨタ車の評価・口コミ 評価・口コミ

SUVの絶対王者 ランドクルーザー(200系)の評価・口コミ

sponsored link

2016/10/17

ランドクルーザー(200系)_外観

ランクル200が王者である理由

SUVにカテゴライズされる車は雨後の筍のように増えましたが、王者たるランドクルーザーの地位は不動です。

走破性能と信頼性

ランクルは見掛け倒しではありません。本格的なクロスカントリー車として、超一流の走破性能を備えています。最近は輸入車にも高級SUVが増えましたが、ランクルと同等の走破性能を持つのはベンツGクラスかレンジローバーくらいでしょう。でも「世界のトヨタ」が作るランクルは、高い信頼性も兼ね備えています。アラブのお金持ちがランクルを移動手段にしているのも頷けますね。

質の高いインテリア

200系はとくにそうですが、インテリアの質感の高さはまるで高級セダンです。乗り心地も良く、静粛性の高さも際立っています。それでいて室内は広いので、高級セダン以上に快適な空間といえるかもしれません。

圧倒的なリセールバリュー

SUVは他のカテゴリーよりも値下がりしづらいのですが、その中でもランクルのリセールバリューはずば抜けています。たしかに新車価格は高いのですが、実質的な負担額は意外と少ないです。

高い安全性

衝突安全性能の高さに加えて、2015年8月のマイナーチェンジトヨタセーフティーセンスPが装備されたため、さらに隙がなくなりました。

sponsored link

ランドクルーザー(200系)の評価・口コミ

値引き・中古車動向

中古車動向

ランクルは車重が2.5トン以上もあるため、燃費が悪いです。ただ全ての車の中で最強のリセールバリューを誇る車のため、ランクルと競合する(やはり燃費の悪い)輸入車のSUVと比較すると、相対的に出費を抑えられるという利点があります。

ただし如何にランクルといえども10年経過・5万km走行程度の個体となると、価格は新車時の60〜65%くらいになってしまいます。中古車を買う場合は、そのことを念頭に選ぶべきです。

ランクルは弾数が少ないので、中古で購入する気なら、良質な個体を見つけ次第すぐに確保した方が無難です。カーセンサーで探してみてください。

愛車を高く売る条件4つ。買取り、走行距離、あと2つは?

インターネットで無料査定できる買取りなら、下取りより平均16万円も高く売れるとのデータがあります。

また、車の価値は25000km刻みで急落する傾向があるようです。つまり25000km、50000km、75000kmといった区切りを迎える前に、愛車の売却を一度は考えてみるべきです。

しかし高く売れる条件を満たしていても、ある2つのことについて知らないと、高値で売るどころかトラブルに巻き込まれる恐れもでてきます

その1 相場を知ること

実は査定依頼をしても、相場を教えてくれないことがあります。相場がわからなければ、査定額が適正なのか判断できません。

Goo買取なら買取店に査定依頼を出す前に、まずあなたに相場を教えてくれます

相場がわかっていれば、たくさんの買取店に一括査定を頼まなくても、査定額が高いか低いか判断できます。だから1〜2店舗ずつの査定・交渉でも、愛車が買い叩かれるのを防げますし、高額売却のチャンスも逃さずに済むのです。

交渉相手を少なくできれば、電話ラッシュも無くなります。このように相場情報は、売り手に大きな恩恵をもたらしてくれるのです

その2 評判を知ること

誰だって、不愉快な思いはしたくないですよね。でも買取店の評判がわからなければ、悪質な店を避けられません

Goo買取は、ガリバー等の買取店の系列ごとではなく、各店舗ごとにレビューが付けられる仕組みです。だからあなたの街の車屋さんの評判もバッチリわかります。高値で買い取ってくれる店や、サービスの良い店だけを選び出せるのです。

相場を知り、評判を知れば、買取危うからず。

出来る限り愛車を高値で売りたいですし、大金をやり取りするわけですから、安全・確実な方法をとりたいですよね。Goo買取はそのどちらにも優れています

Goo買取はもちろん査定無料。入力も3分ほどで済みます。あなたの車がどのくらいの価格で売れるのか、ぜひチェックしてみてください。

Goo買取の使い方がよくわからないという方は、こちらをご覧ください

目次に戻る

インテリア

ランクル200のインテリア ここがイイ!

室内の広さ・シートの長所
  • SUVとしてはかなり広い室内だが、ミニバンには及ばない。
  • 革が柔らかく、クッションの厚みもあって疲れにくいシート。
  • ライトブラウン内装の方がリセールバリューが高いとの情報も。
ランドクルーザー(200系)_シート

画像の出典: toyota.jp

  • 2列目シートもリクライニング&スライドする。
  • 「ZX」にはシートベンチレーション(シートから風が吹き出す)が標準装備されているので蒸れない。

ランクル200のインテリア ここがダメ……

室内の狭さ・シートの短所
  • 3列目は狭い。やはりミニバンには及ばない。
  • 2・3列目を倒してもフルフラットにならない
  • 3列目の取り外しができない。しかも3列目の格納は両サイドに跳ね上げる方式なので、その状態だと2列目のリクライニングが阻害されてしまう。
ランドクルーザー(200系)_シートアレンジ

画像の出典: toyota.jp

  • メモリー機能付きパワーシートは「ZX」グレードのみ。
  • 1列目と2列目のシートヒーターは「ZX」と「AX-G」のみで、「AX」「GX」には設定なし。
インテリアの質感が低い場所・使い勝手の悪さ
  • プラスチッキーな部分が目立つ。木目の質感もあまりよくない。
  • ステアリングの木目部分が滑りやすく、木目とそれ以外との間に段差があるのも気になる。
ランドクルーザー(200系)_インパネ

画像の出典: toyota.jp

小物収納の問題点・ラゲッジスペースの短所
  • 2列目のカップホルダーはシート中央を倒した肘掛けの所にしかなく。2列目に3人乗っているとカップホルダーが足りない。
  • 3列目シート格納時のラゲッジスペースはプラドの方が広い。

目次に戻る

ナビ・電装系

ランクル200のナビ・電装系 ここがイイ!

ナビ・バックモニター
  • MOPナビのマルチテレインモニターは必要不可欠なほど便利な装備。
ランドクルーザー(200系)_マルチテレインモニター

画像の出典: toyota.jp

空調関連
  • エアコンが超強力。しかも「ZX」「AX-G」「AX」は、前後左右独立(つまり室内を前後左右で4分割)して温度をコントロールできる。
  • センターコンソールボックスにMOPでクーラーボックスが付けられる。こちらも先代よりよく冷える。
オーディオ
    ◯「ZX」のMOPナビは18スピーカーで高音質。

ランクル200のナビ・電装系 ここがダメ……

スイッチ・レバー類
  • スイッチの数が多すぎる上、ボタン類が大きすぎて安っぽい。
その他電装系
  • 空気圧センサーがメーカーオプション。
  • サイドミラーがドアロックに連動して格納されない。
  • ドアロックしてもルームランプが自動で消えない。先代は消えたのに退化してる。

目次に戻る

エクステリア

ランクル200のエクステリア ここがイイ!

使い勝手
  • 上下開きバックドアは腰掛けられるので便利。でもパワーバックドアは「ZX」にしか設定がない。

目次に戻る

エンジン・燃費

ランクル200のエンジン・燃費 ここがダメ……

  • 車重が重いので加速はそれなり。特に「ZX」はその他グレードより160~200kgも重いため、加速が鈍い。
  • 実燃費は街乗り4.0〜5.0km/L, 郊外・高速道路6.4〜9.0km/L程度と良くない。

目次に戻る

走行性能

ランクル200の走行性能 ここがイイ!

ハンドリングやブレーキの長所
  • 「AX-G」グレードのKDDS装着車は、コーナリング時のロールが少なく高評価。車高が高いためセダンよりは揺れるものの、十分許容範囲。
  • フットブレーキ、エンジンブレーキともに良く効く。
視界の良さ
  • 着座位置が高く疲れにくい。
  • ミラーが大きく、周りが見やすい。

ランクル200の走行性能 ここがダメ……

ハンドリングの短所
  • 欧州車に比べて直進安定性が劣る。
  • ハンドリングレスポンスがいまいち。車重のためかワンテンポ遅れる。
視界や取り回しの悪さ
  • 大柄なボディが災いし、日本の道路ではオーバーサイズ気味
  • 5人乗りの「GX」グレード以外にはクリアランスソナーが付くが、それでもすれ違いや駐車場では気をつかう。
  • 大柄なボディサイズの割りに見切りは良いが、左前端の位置が掴みづらい。しかしマルチテレインモニターがあれば対応可能だが……。

目次に戻る

乗り心地・静粛性

ランクル200の乗り心地・静粛性 ここがイイ!

乗り心地の良さ
  • 大きな凹凸は拾うものの、それでもSUVとしては秀逸な乗り心地。AHC(車高調整)とAVS(自動減衰力調整)がつく「ZX」はさらに乗り心地が良い。(特に後期型)
静粛性の高さ
  • とても静かなエンジン
  • ロードノイズもよく遮断されている

目次に戻る

安全装備

装備名称ZXAX GAXGX
横滑り防止装置
プリクラッシュブレーキ
レーダークルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
ブラインドスポットアシスト
ヒルスタートアシスト
運転席・助手席エアバッグ
サイド・カーテンエアバッグ

ランクルの安全装備 ここがダメ……

  • クロールコントロール(オフロードで極低速を維持する機能)はあまりスムーズではない。ただ傾斜のある駐車場などでは少しずつ車を動かせるので便利。

  • 「GX」のみ、サイドエアバッグはフロントだけ、カーテンエアバッグが1・2列目だけしかカバーしていない。

目次に戻る

ランドクルーザー(200系)の維持費

重量級のボディ、大排気量エンジン、巨大なタイヤと、200系ランクルが高コスト体質なのは明らかです。また、エコカー減税や自動車グリーン税制の補助も受けられません。そのため新車購入時には車両価格の他に約33万円かかります。

ガソリン代はオーナーの年間走行距離に左右されますが、ランクル200はハイオク指定であることを忘れてはいけません。

初回車検時にも20万円ほどはかかりますし、285のタイヤを4本交換すれば10万円ほどはかかると見ておくべきです。

予算的に厳しいなら、ランドクルーザープラドに変更した方が良いかもしれません。プラドもリセールバリューが高い車種ですし、ディーゼルがあるのは強みです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

ディーゼルは伊達じゃない! ランドクルーザープラドの評価・口コミまとめ

sponsored link

Category: トヨタ車の評価・口コミ, 評価・口コミ
Tag: ,

戻る