チューニング 自動車文化

Reduxが手がけたBMW E30 M3から感じるダンディズム

投稿日:

イギリスのReduxというビルダーが、BMW E30 M3をレストアし、最新の技術でチューニングを施したモデルを公開しました。
いわゆるRestomodというやつですね。

E30 M3に関しては、以前にブルガリアのVilnerというチューナーがレストアしたものをご紹介しましたが、Reduxのものはよりストイックな雰囲気です。

それではReduxのE30 M3を見ていきましょう。


Redux BMW E30 M3

エクステリア

Redux E30 M3


ため息が出るくらいかっこいい。


フロントバンパーはカーボン製だ。


角ばったボディはやはりかっこいい。


AP Racing製のブレーキキャリパーが装着されている。


窓越しに見えるロールケージがいい感じだ。


フェンダーもカーボン製。


シンプルなリア周り。


リアスポイラーにはガーニーフラップが装着されている。


ノーマルの雰囲気が色濃く残っているRedux E30ですが、バンパー、フェンダー、ルーフ、そしてサイドステップは、カーボン製のものに置き換えられています。

目次に戻る

インテリア

Redux E30 M3のインテリア。


スイッチ類が何もないステアリングが、今となっては逆に新鮮だ。


BMW Motorsport製のゴルフボールシフター。


シートは革張りのレカロ。レトロな雰囲気が良い。


各部はアルカンターラ仕上げ。防音性に優れたウールカーペットも敷かれている。


内装の各部はアルカンターラ仕上げとなっています。
シートはレザー表皮のレカロです。
軽量化のため、後部座席はありません。

目次に戻る

シャシー

足回りには、EXE-TC製の3wayアジャスタブルダンパーが奢られています。
EXE-TCは、WRCのシトロエンにダンパーを供給していたことで知られており、セバスチャン・ローブと共にタイトルを獲得したこともあります。

ブレーキキャリパーはAPレーシング製で、フロントは6pot、リアは4potです。
ブレーキディスク径に関しては、フロント330mm、リア304mmとなっています。
カーボンセラミック製のディスクもオプションで装着可能です。

目次に戻る

パワートレイン

ノーマルのE30 M3には、2.3リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気エンジンが搭載されていますが、Reduxはその排気量を2.5リッターに引き上げています。

また、ターボチャージャーの追加も可能です。
その場合はブースト圧1.0バール時に390ps・529Nmを発生します。
DTM(ドイツツーリングカー選手権)で使われていたE30 M3(2.5リッター自然吸気)の最高出力が380ps/10,000rpmだったそうなので、ターボ化によりワークスマシン以上の出力となるわけです。
エンジンの制御にはMotecが使われています。

ギアボックスは6速マニュアル。
リミテッドスリップデフも装着されています。

目次に戻る

生産台数

ReduxのE30 M3は、30台限定で生産されます。
ドナーカーを提供する必要がありますが、Reduxはドナーカーを調達するためのコンシェルジュサービスも行っているそうです。
生産には18ヶ月から24ヶ月かかるそうなので、気長に待つ必要がありそうですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-チューニング, 自動車文化
-,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.