他メーカーの新車情報 新車情報

新型フィアット500はEVのみ!? 2020年登場!

投稿日:

写真は2017年モデル

次期フィアット500にはICE(内燃機関)を搭載したモデルが用意されず、EV(電気自動車)のみとなる可能性が高まってきました。
イギリスの自動車メディアであるAuto Expressが報じています。

新型フィアット500は、2年ほど前には48Vマイルドハイブリッドを搭載すると言われていたのですが、どうやら風向きが変わったようです。

今回は新型フィアット500の最新情報をご覧ください。


新型フィアット500の最新情報

新型フィアット500は、完全なBEV(Battery EV)となります。
エンジンを搭載したモデルは用意されません。

Auto Expressによる予想CG

「新型500は、完全に更新されます」と語るのは、フィアット・クライスラーのチーフ・マーケティング・オフィサーであるオリビエ・フランソワ氏です。

「完全な電気です。それは美しいスタイルを備えた、都会的なテスラのようです。イタリア的な、電気自動車との甘い生活。それはチェントロヴェンティとは正反対です」

チェントロヴェンティというのは、先のジュネーブモーターショーでフィアットが発表した、電気自動車のコンセプトカーです。
将来のフィアット パンダを示唆したモデルだと言われています。

フィアット チェントロヴェンティ・コンセプト


フランソワ氏が「チェントロヴェンティと正反対」だと言うのは、新型500が、現行モデルよりも高級化するためです。

「(新型)500の魅力はとても強いので、我々が顧客を失うことはありません」とフランソワ氏はコメントしています。
リーズナブルな500を求める顧客に対応するため、新型の登場後も、現行型の500の生産を継続する予定です。

目次に戻る

シャシー

Auto Expressによる予想CG

フィアット・クライスラーが現在開発している、電気自動車専用プラットフォームが採用されます。

「電化するための新設計プラットフォームです」とフランソワ氏。「それは車を全く異なるものにします」

新型500のボディサイズに関してフランソワ氏は、「同じサイズで同じプロポーション」だと述べています。
全く同じということはないでしょうが、少なくとも500らしいサイズは維持されるようです。
電気自動車になれば室内を広くできるはずなので、車体を大型化する必要がないのでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型500は、2020年3月のジュネーブモーターショーで発表されます。
おそらく2020年中に発売されるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.