新型フィアット500 ラインナップはEVのみ。航続距離は320km!

2019年3月19日他メーカーの新車情報EV, ハッチバック

Fiat 500 EV Hatchback

新型フィアット500にはICE(内燃機関)を搭載したモデルが用意されず、EV(電気自動車)のみとなります。
当初新型フィアット500には48Vマイルドハイブリッドを搭載されると言われていたのですが、方針転換されたようです。

その新型500がついに正式発表されました。
基本的なフォルムは旧型の500と同じに見えますが、ヘッドライトがよく見ると半円になっており、丸いのはデイタイムランニングライト(DRL)だけになっています。
他にもミラーの付け根がAピラーのコーナー(サイドウィンドウの付け根)に移設されているなど、変更点は結構あるようです。

このページでは新型500の最新情報を随時更新しています。

更新情報

ハッチバックのエクステリアハッチバックのインテリア画像を追加しました。また、スパイショットは削除しました。(2020/06/09)

エクステリアインテリアの画像を追加し、パワートレインの情報を更新しました。(2020/03/05)

流出した公式画像(エクステリア)と流出した公式画像(インテリア)を追加しました。(2020/03/03)

流出画像を追加しました。(2020/02/24)

最新のスパイショットを追加しました。(2020/01/21)

エクステリアのスパイショットと、インテリアのスパイショットを追加し、パワートレイン発売日の情報を追記しました。(2019/12/18)


新型フィアット500の最新情報

エクステリア

コンバーチブル

Fiat 500e Official Photo Leaked
新型500eの公式画像

Fiat 500e Official Photo Leaked front
ヘッドライトは半円形状になった。ボンネット上にあるのはDRLのみ。

Fiat 500e 2020 headlight
ヘッドライトはこんな感じ。目つきはちょっと眠たげだ。

Fiat 500e Official Photo Leaked charging
充電ポートは右リアフェンダーにある。

Fiat 500e 2020 wheel
おしゃれなデザインのホイール。

Fiat 500e Official Photo Leaked rear
FIATのロゴが並ぶキャンバストップがかわいい。

Fiat 500e 2020 taillight
テールライトは至って普通。

フロントには「FIAT」のバッジではなく、「500」のバッジが装着されています。
ホイールはシティカーとは思えないほど巨大ですね。
フォルムはおなじみの形状ですが、フェンダーはこれまでよりも張り出しているようです。

旧型と比較すると、全長は+6cm、全幅も+6cm、全高は+4cm、ホイールベースは+2cmということで、一回り大きな車体となっています。

ハッチバック

Fiat 500 EV Hatchback front three quarter
新型フィアット500のハッチバック仕様。もちろんこちらもEVだ。

Fiat 500 EV Hatchback headlight
上部DRLが眉毛のように見えるヘッドライト。

Fiat 500 EV Hatchback side
ドアノブは形状が変わり、ミラーはAピラーの根本に取り付け位置が変更された。

Fiat 500 EV Hatchback rear three quarter
Cピラーは旧型よりも直立している。

Fiat 500 EV Hatchback rear
充電ポートは車体右側のリアフェンダーにある。

Fiat 500 EV Hatchback charge port
充電ポートにはバッテリー残量を示すインジケータが備わっている。

目次に戻る

インテリア

コンバーチブル

Fiat 500e Official Photo Leaked interior
新型500eのインテリア。

Fiat 500e 2020 steering wheel
ステアリングはデュアルスポークになった。

Fiat 500e 2020 touch screen
タッチスクリーンは10.25インチ。UConnect5という最新のインフォテイメントを搭載している。

Fiat 500e 2020 seats
シート形状は一般的なもの。後席の足元はやはり狭そうだ。

ダッシュボード周りは完全に新設計されています。
以前3本スポークだったステアリングは、新型ではデュアルスポークになりました。
シート表皮にもキャンバストップと同様にFIATのロゴが並んでいておしゃれですね。

なお、新型500eはAndroid AutoやApple CarPlayに対応しています。

ハッチバック

Fiat 500 EV Hatchback interior
新型500ハッチバックのインテリア。

Fiat 500 EV Hatchback cockpit
スポーティーな2スポークのステアリングは底面がフラットなDシェイプ。

Fiat 500 EV Hatchback console
セレクターはスイッチ式。

Fiat 500 EV Hatchback seats
前席は意外と開放感がある。サイドウインドウが大きいためだろうか。

Fiat 500 EV Hatchback seat skin
シート表皮にはFIATのロゴ。

目次に戻る

パワートレイン

Fiat 500e Official Photo Leaked charging

116hpの電動モーターと、42kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しています。
航続距離は320km(WLTP基準)です。

85kWの急速充電器にも対応しており、使用時にはバッテリー容量の85%をわずか35分でチャージできます。
家庭用電源でも充電可能で、easyWallboxと呼ばれるソリューションを使えば最大7.4kWで充電でき、6時間で新型500のバッテリーをフルチャージできます。

パフォーマンスは、0-100km/hが9秒と平凡です。
最高速は150km/hに制限されています。
ちなみにワンペダルドライブが可能とのことです。
また、レベル2自動運転も搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

ヨーロッパでの価格はコンバーチブルが37,900ユーロから、ハッチバックが34,900ユーロからだそうです。
記事更新時点のレートで日本円に単純換算すると、それぞれ462.7万円、426.0万円となります。
ただしこの価格は初期限定モデルの「ラ・プリマ」というグレードのものなので、スタンダードモデルの価格はもう少し安くなるでしょう。

新型500コンバーチブルは、2020年3月4日(現地時間)に発表されました。
ワールドプレミアムクラブはジュネーブモーターショーの予定でしたが、新型コロナウィルスの影響によりショーが中止されたため、実車の発表日程は不明です。
生産は2020年第2四半期(4~6月)に開始され、欧州では2020年後半に発売されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath